70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

TOKIO

コメント

分類歴代グループ

デビュー:1990.04
デビュー曲:LOVE YOU ONLY(1994.09.21)

1990年4月結成。前身ユニット:TOKIO BAND(旧名:城島茂バンド)、SMAP学園。1994年9月21日にCDデビュー。略称:トッキー(語尾が上がる発音)。ファンネーム:ウォーカー。

[メンバー]

  • 城島茂じょうしましげる
    1970年11月17日生まれ(52歳)、千葉県市原市出身、奈良県大和郡山市育ち。リーダー。ギター、コーラス。愛称:リーダー、城島リーダー、しげさん、しげ、しげるくん、老犬。株式会社TOKIO取締役社長。妻は元グラビアアイドルの菊池梨沙。
  • 国分太一こくぶんたいち
    1974年9月2日生まれ(48歳)、東京都東久留米市出身。キーボード、コーラス。愛称:太一。株式会社TOKIO取締役副社長・企画担当。株式会社TOKIO-BA社長。妻は元TBS社員の一般人女性。
  • 松岡昌宏まつおかまさひろ
    1977年1月11日生まれ(45歳)、北海道札幌市出身。ドラム。愛称:マボ、まあくん。株式会社TOKIO取締役副社長・広報担当。

[脱退メンバー]

  • 長瀬智也ながせともや
    1978年11月7日生まれ(44歳)、神奈川県出身。ギター、ボーカル。小島脱退後にサポートメンバーの長瀬が正式加入。2021年3月31日脱退、退所。
  • 山口達也やまぐちたつや
    1972年1月10日生まれ(50歳)、埼玉県草加市出身。ベース、ボーカル。愛称:たっちゃん・たつにぃ(ファン)、ぐっさん・山口・山口君(メンバー)、あにぃ(松岡)。2018年5月6日に不祥事により脱退、退所、芸能界を事実上引退。
  • 小島啓こじまひろむ
    1976年10月24日生まれ(46歳)、千葉県出身、東京都葛飾区金町育ち。SMAP学園 → TOKIOの初期メンバー。電撃脱退。名前はジャニー喜多川の本名と同じ読み方の「ひろむ」。

[候補メンバー]

  • 坂本昌行
    TOKIOのCDデビューが決定した際、長瀬とのツインボーカル候補だった。

[サポートメンバー]

  • 坂本昌行
    1990年6月の「ABCヤングアイドル野球大会」にてTOKIO名義で参加。更に1994年5月15日の松竹座公演でサポートコーラス。
  • 十倉太一
    1993年春のSAY・Sコンサートでのサポートメンバー。
  • 西原成守
    松岡が欠席したコンサートでの代役ドラマー。2000年4月、ビジュアル系バンド『GAYME』のボーカル“SEISU”として活動。

[関連ソロ・ユニット]

トキオ。1989年4月より、テレビ朝日『アイドル共和国』にて「城島茂バンド」(通称:ジョーバンド)が結成。光GENJISMAPのバックを務める。TOKIO BANDの前身バンドは「JURIA」。
やがてジャニー喜多川から、「海外でもすぐに日本のバンドだと分かってもらえるように」とのことで、正式に「TOKIO BAND」と命名され、少年隊ミュージカル『PLAYZONE ’89 Again』にも演奏で参加した。

一方で、1990年4月に国分と松岡が「SMAP学園」選抜メンバーとして城島と合流後、城島をリーダーとする3名で初期の「TOKIO」が結成される。少し遅れて小島啓が加入し4人組となる。
しばらくの間は「TOKIO BAND」と「TOKIO」、2つのユニットが同時に存在していたが、翌1991年に城島がジャニーに交渉したことで、山口も晴れて「TOKIO」のメンバーとなり、「TOKIO BAND」の方は消滅。

1992年頃から、ジャニーズJr.の中で頭角を現していた長瀬が時折サポートとして加入するようになる。それ以降デビューまで、雑誌・ラジオ等では長瀬を除く5人、テレビやライブでは長瀬を含む6人といった変則的な構成であったり、ダンスチームとバンドチームの2グループ制でも活動していた。城島はバンド側のみ所属し、残りのメンバーは両側に所属。

1993年10月10日より、NHK-BS2『アイドルオンステージ』にレギュラー出演開始(1994年12月まで)。
CDデビューが目前に迫っていた1994年5月の大阪・松竹座でのライブを終えると、小島が何の発表も無く突如電撃脱退、退所したため、長瀬が正式なメンバーに昇格。以降山口が脱退するまで24年間5人で活動する。
同年7月12日、日本武道館でCDデビューの記者発表を行う。9月21日、Sony Recordsから『LOVE YOU ONLY』でCDデビュー。キャッチフレーズは「ダテに待たせたワケじゃない」。

CDデビューから2ヶ月後の1994年11月2日には日本武道館でコンサートを行った。デビューから3ヶ月10日という当時の史上最速記録で『第45回NHK紅白歌合戦』への初出場も果たす。紅白へはCDデビュー前にも少年隊、光GENJIのバックダンサーとしても出演しており、1996年の出演時には玉置浩二の「田園」でもバックを務めたりなど、2017年まで24回連続出場していた。ジャニーズ事務所に所属したアーティストでは歴代最多出場記録である。

1995年11月2日、日本テレビ系バラエティ番組。『ザ!鉄腕!DASH!!』(略称『DASH』『鉄腕DASH』)放映開始。以降、TOKIOを代表する看板番組となる。
アイドルでありながら農業や漁業、酪農や製造業などを手がけるようになり、「農業アイドル(農ドル)」の代表格とされている。

1997年12月1日に、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災へのチャリティー活動として、1997年までにデビューしており、メンバーに関西出身者のいるTOKIO・V6KinKi KidsJ-FRIENDSを結成。震災発生当時の小学校1年生(1987年4月2日生まれから1988年4月1日生まれ)が義務教育を終える2003年3月までの期間を活動した。

1999年、『ザ!鉄腕!DASH!!』の番組企画内で「15minutes(城島・山口・国分)」「ぴんく(長瀬・松岡・忌野清志郎)」という覆面バンドでインディーズCDを発売。

2001年のシングル『どいつもこいつも/ボクの未来』で、Sony Recordsからユニバーサルミュージックへ移籍。同年、シングル『メッセージ/ひとりぼっちのハブラシ』でデビュー7年目にして初のオリコン1位を獲得した。

2008年3月8日、山口が5歳年下の元モデルと入籍(2016年8月5日離婚)。同日夜の日本武道館ライブでファンに報告。

2010年4月11日に、『ザ!鉄腕!DASH!!』の企画「ソーラーカー 一筆書きで日本一周」を7年かけてスタート地点の東京・晴海にゴールした。

2015年9月11日に国分が3歳年下の元TBS社員の一般人女性と結婚したことを発表。

2019年9月28日に城島が24歳年下のタレントの菊池梨沙と結婚したことを発表。

2020年7月22日、長瀬が翌年2021年3月31日をもってTOKIOからの脱退且つジャニーズ事務所を退所、及び芸能界からも引退して音楽関係の裏方として新しい仕事の形を作り上げていくということ、残りの3人(城島、国分、松岡)は翌2021年4月1日付でジャニーズグループの関連会社へ移籍することが発表された。
長瀬が脱退・退所することが決まった際、残りの3名が、「バンドとしては最早活動できないが、ただ解散してしまうのではなく、「TOKIO」の屋号を残したい」と考え、2020年7月22日にジャニーズ事務所の子会社として「株式会社 TOKIO」を設立することでバンドを会社化。
これにより、長瀬が脱退・退所する2021年3月31日をもってグループとしての活動は終了し、残る3名で2021年4月1日にジャニーズ事務所から移籍(社内独立、暖簾分け)する形となった。
株式会社 TOKIOは、城島(社長)、国分(副社長、企画担当)、松岡(副社長、広報担当)の3人で運営。木板の名刺持参で奮闘している。

2021年4月1日、福島県庁内に「TOKIO課」を設置した他、同日付の日本経済新聞の朝刊に、「株式会社 TOKIO」の全面広告が打たれた。
株式会社TOKIOの公式ホームページでは、

T 今Team (チーム) として
O Oneness (ひとつになろう)
K 強く結んだ Knot (絆) を胸に
 I Idea (アイデア) を巡らせて
O この時代を 未来を Ours (ぼくらのものに)

というTOKIOの新しい“意思”も提唱された。

2021年4月5日、株式会社TOKIOの関連会社として、新たに「株式会社 TOKIO-BAトキオバ」を法人登記して設立。




歴代グループ

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました