70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

カルト事件簿 (10/19)

 忘れたいけど思い出したい芸能ニュース
  • 82/10/19
    田中角栄元首相が地元新潟県長岡市で行われる国道バイパス完工祝賀会出席のため、試運転中の上越新幹線のグリーン車を専用車両として乗り込み、選挙区入り。
  • 82/10/19
    プロ入り4年目にしてパリーグ三冠王に輝いたプロ野球・ロッテオリオンズの落合博満に、同選手の郷里・秋田県南秋田郡若美町が「町民栄誉賞」を贈る事を決め地元業者に記念メダルを発注。
  • 83/10/19
    京都・太秦の「東映太秦映画村」西門近くの時代劇用セット付近から出火、木造2階建て120平方メートルの銭湯の建物のうち約90平方メートルを焼失。出火直後近くにいた不審人物が放火の疑いで逮捕。
  • 86/10/19
    東京・新宿区の厚生年金会館で開かれた歌手・柏原芳恵のデビュー7周年リサイタルを白黒ツートンカラーのセーターにベージュのズボンという気楽な服装の浩宮徳仁親王が御観覧。出迎えの柏原芳恵がレコードと写真集をプレゼント。そのお礼にピンクのバラを贈られた浩宮徳仁親王に芳恵、本気で勘違い。
  • 89/10/19
    大阪市北区中崎路上で女性を襲い逃亡する痴漢を落語家・桂三枝の弟子、浪漫亭ロミオが追いかけて捕まえ警察に引き渡した。
  • 94/10/19
    大麻取締法違反で2度の逮捕歴がある俳優で歌手の清水健太郎が同法違反と覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁薬物対策課と麻布署の合同捜査班に逮捕。この日、逮捕状を手にした麻布署の捜査員5人が江東区南砂にある清水容疑者のマンションに踏み込んだところ、覚せい剤1グラムのほか乾燥大麻5グラムも発見され、容疑に大麻取締法違反も加えられた。同署の内偵捜査は9月28日に始まっていたことも判明。発端は清水容疑者が港区西麻布の車道に落としたセカンドバッグで、これを見つけた通行人が同署に届け、中身を調べたところ免許証やキャッシュカードとともに覚せい剤0.4グラムが発見された。
  • 96/10/19
    警視庁交通捜査課は免許証を紛失したと偽り変装写真で運転免許証の再交付を受け、テレビなどでギャグにしていたとしてタレント・浅草キッドの水道橋博士を道路交通法違反(免許証不正取得など)の疑いで書類送検。調べによると博士は1994年9月に免許証をなくしたと偽り、持っていた免許証を返納せず再交付を受けた疑い。また、再交付申請の際、髪を剃ったり顔に包帯を巻いた写真を貼付しており、同様の手口でほかに2枚の再交付を受けた。博士はこれらの免許証をバラエティー番組で笑いのネタにしていた。所属のオフィス北野では「本人は反省しており16日から自宅謹慎している」と説明。
  • 98/10/19
    歌手で俳優・武田鉄矢の母親・武田イクが急性肺動脈血栓で死去。(78歳)福岡県福岡市中央区古小烏の積善社福岡斎場で26日行われた本葬では参列者を前に武田鉄矢が海援隊のヒット曲「母に捧げるバラード」を涙で熱唱。
  • 98/10/19
    24日両国国技館で行われるアントニオ猪木率いるUFO(世界格闘技連盟)の旗揚げ戦を前に猪木が東京・大田区池上本門寺の力道山が眠る墓前でUFOの成功を祈願し断髪。昭和61年「FRIDAY」に浮気報道に対してのみそぎ断髪以来12年ぶりに頭を丸めた。
  • 01/10/19
    東京・世田谷区成城の故石原裕次郎宅にバールを持った男が現れ、大声で怒鳴ったり玄関を強く蹴るなどしたうえ、持参した折り畳みはしごを玄関に立てかけ屋根に上ったかと思いきや、長さ約60センチのバールで2階の家政婦の部屋の窓ガラスを割り屋内に侵入。2階から1階に下りてきた男は石原まき子と家政婦に台所で鉢合わせし「この家の中にオレの子供がいる」「昭和51年頃からここに来て裕次郎さんの歌を歌っていた。今日で5回目だ」などと話し掛け部屋を物色する様子もないことから隙を見て石原まき子と家政婦が屋外へ避難したところ男も後を追って屋外に出てきたところを警視庁成城署員に扮した渡哲也が住居侵入の現行犯で逮捕。
  • 04/10/19
    フジテレビの朝の情報番組「とくダネ!」の生放送中、佐々木恭子アナウンサーが、メジャーリーグのア・リーグ優勝決定シリーズ「ヤンキースvsレッドソックス」第5戦の途中経過を伝える原稿を読み上げていた際、「レッドソックス」を「レッドセックス」と読み間違える大失態を演じるハプニング。かつてNHK久保純子アナウンサーが大リーグ「ホワイトソックス」を「ホワイトセックス」とかまして以来の快挙で、女子アナウォッチャーは「おそらく佐々木アナは『レッドセックスとミスってはいけない』と念じ、頭の中は『セックス』でいっぱいだったのでしょう」とその心理を分析。
  • 04/10/19
    ドラマ「冬のソナタ」で知られる韓国人俳優で「微笑みの貴公子」の別名を持つペ・ヨンジュンの偽物のサインが入った写真が出回っていることが判明。所属事務所はインターネットのオークションサイトに出品されていた写真のサインが本人の筆跡と異なることを指摘。最高5万6000円の値段がついていたが、同事務所の申し入れでオークションは18日夜に中止になった。同事務所は「我々が把握している限り、偽物のサインが出回るのは初めて。今後も消費者の方に被害が出ないか心配」とコメント。
  • 04/10/19
    先月、覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反で逮捕された元タレント・田代まさしの惨めな末路を暗示したパロディービデオ「盗撮モード全開 書類送検!ミニにタコ?」なる作品を東京スポーツが入手。同紙が調査したところタイトルには田代の事件後のコメント「ミニにタコ」を引用し、パッケージにはマーシーそっくりの変態男がミニスカ美女の股間をバッグに隠し持ったビデオカメラで狙い、そばに居合わせた男性が「捕まるゾ」と警告する様子が描かれている。メーカーによると「業界で盗撮モノが流行っていたあの当時、インパクトのあるフレーズなので使わせてもらった」と説明。内容はマーシーの大好物といわれている逆さ撮り三角パンチラのオンパレード。この作品をマーシー本人も見たという情報が都内のレンタルビデオ屋から寄せられ、メーカーは「その点は作り手冥利に尽きる」とコメント。
タイトルとURLをコピーしました