70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

70-80年代アイドル楽曲レビュー「さ行」

掲載数:26件
並び順
さ行

ソフトクリーム『熱帯魚のタキシード』

ポニーキャニオン社の企業メセナは続きます。サンミュに続きナベプロにも食い込みを謀るのか?。 5/21に「ソフトクリーム*BEST」がリリースされました。 これまでオムニバスで『やったね!春だね!!』とかは聴いてましたが、めでたくデビュー曲...
さ行

佐野量子『星空回線』

がんばれ武豊!ってことで静岡県は富士宮が産んだアイドル佐野量子の登場です。富士宮に我が母の実家があり、聞いた所では住所的には富士川寄りに住んでいたようです。 佐野量子は女性アイドル豊作のS60年(1985)「ファースト・レター」でデ...
さ行

坂上香織『レースのカーディガン』

最近チャートを眺めているとライジング・パブリッシャーが幅を利かせまくっていますが、荻野目ちゃんとありさ嬢の間に忘れてならない人がいます。いきなりヘアドルになってしまった坂上香織です。 「レースのカーディガン」はデビュー曲でオリコン最...
さ行

榊原郁恵『ROBOT』

郁恵ちゃんといえ僕は「ROBOT」と「太陽のバカンス」の筒美京平作品が好きです。唯一の松本隆が手掛けた詞の内容は最後の件に「お気に召すままそうよ私ROBOT」とあるように、男の子にアピールしまくるアイドルソングです。またこの曲は船山基紀の...
さ行

桜田淳子『リップスティック』

先日秋田を旅行したのですが、秋田県出身の女性シンガーといえば藤あやこ?クリプトン?河田純子? やはり一番はジュンコはジュンコでも“ニューヨークは恋の街~”のジュンコ・サクラダではないでしょうか?僕がジュンコをリアルタイムで思い出せるのは1...
さ行

酒井法子『あなたに天使が見える時』

個人的には酒井法子のNo.1は「碧いうさぎ」。のりPとしてのNo.1は「GUANBARE」。では「あなたに天使が見える時」は?。過渡期のNo.1です。前作迄に遠藤京子、MAYUMIといったライターを使いながらHighTeenソングを模索し...
さ行

斉藤由貴『卒業』

今回取り上げるのは斉藤由貴のデビュー曲「卒業」(オリコン最高位6位、売上26.4万枚)です。春の定番「卒業」と言えば菊地桃子、倉沢淳美、小沢なつき等ありますがこの曲が一番王道なのでは?カップリングの「青春」も好きな曲です。松任谷正隆のアレ...
さ行

早乙女愛『魔法の鏡』

今回はさらに懐かしく早乙女愛が歌う「魔法の鏡」をご紹介します(オリコン最高位57位、売上2.0万枚)。残念ながらリアルタイムでの記憶は無いのですが、TVで放映されていた映画「青春の構図」(共演:岡田奈々)で流れていたのを見たのは覚えていま...
さ行

相楽ハル子『木曜日にはKISSを』

今回ご紹介するのは3度目の正直、相楽ハル子の4th.シングル「木曜日にはKISSを」です(オリコン最高位44位、売上1.1万枚)。次はこれにしようと思っておきながら、他の曲に浮気してたんで。 作詞は湯川れい子。彼女のイメージを生かし...
さ行

沢口靖子『Follow me』

最近リリースされる楽曲がいまいち地味に終わってしまう小室哲哉の名作をご紹介します。夜ヒットでの熱唱が今も語り継がれる沢口靖子の「Follow me」です(オリコン最高位75位、売上0.7万枚)。確かゴクミと共演していたドラマ「痛快ロックン...
タイトルとURLをコピーしました