アイドル系譜

アイドル系譜 アイドル系譜

日本ポップス史に連綿と流れるアイドルの源流を辿る。J-POP史変遷・音楽ジャンル・アイドルグループ系譜・スター同窓会 ・歌謡界の黄金律などを掲載。

J-POP史変遷

カントリー&ウエスタン

FEN(Far East Network/極東放送、現AFN)は、第二次世界大戦中に米軍兵士を激励するための放送を起源とし、終戦後の1945(昭和20)年9月から在日米軍向けに開局されたラジオ放送局である。FENからはブギウギ・マ...
J-POP史変遷

ロカビリー

アメリカでロックンロールは黒人ブルーズやジャズ用語のスラングとして古くから使われていたが、一般的に定着したのは、1950年代初頭に人気DJのアラン・フリードがNYの白人向けラジオ局でリズム&ブルーズ(R&B)をロッ...
J-POP史変遷

カヴァー・ポップス

本家アメリカのロックンロール衰退と歩調を合わせてロカビリーも形骸化していったが、日本ポップス界のアメリカ音楽文化への傾倒は変わらず、1960(昭和35)年2月にロカビリー三人男とかまやつヒロシが一斉にニール・セダカ「恋の片道切符」...
J-POP史変遷

エレキ・インスト

1960年代初頭のアメリカ音楽文化に於いて、これまで巨大資本を背景にレコード会社などがリードしてきたメディア戦略とはかけ離れた、南カリフォルニアの学生たちが中心となった大衆先行型のサーフィン・ミュージックの胎動があった。自主制作盤...
J-POP史変遷

グループ・サウンズ

1950年代中期からイギリスではジャズやフォークなどをベースとしたスキッフル・ブームが巻き起こり、1956年発売のロニー・ドネガン&スキッフル・グループ(LONNIE DONEGAN & His Skiffle G...
J-POP史変遷

カレッジ・フォーク

アメリカ音楽を翻訳していた1960年代の日本の音楽パノラマを俯瞰すると、一方ではロカビリー、カヴァー・ポップス、エレキ・インスト、グループ・サウンズの音源が浸透し、他方ではフォークソングの支流が静かに波紋を広げながら舞台の本流に押...
J-POP史変遷

関西フォーク

コマーシャリズムに吸収された東京のカレッジ・フォークに対して、関西では、社会の矛盾、体制への反抗といったアメリカで起きたモダン・フォークの社会背景を日本なりに再現したプロテスト・ソングが、民衆レベルの生活を源泉とする運動から派生し...
J-POP史変遷

日本ロック前史

1960年代後期は、これまでのロカビリー、エレキ、GSで得た資産が下地になって、レッド・ツェッペリン、クリーム、ジミ・ヘンドリックスといったニューロックの旗手たちによる影響で日本の音楽文化は多様化し、既存の芸能プロ体制では収まりき...
J-POP史変遷

ニューミュージック

70年安保敗北により学生運動は沈静化に向かい、フォークの主流は政治思想から若者自らの心象風景を採りあげた抒情的な視点に移行し、吉田拓郎「結婚しようよ」(1972年/昭和47)、井上陽水「傘がない」(1972年/昭和47)、かぐや姫...
J-POP史変遷

パンク・ロック

1960年代に於けるアメリカのアンダーグラウンドでは、従来のロックの枠には収まりきらない新しいスタイルのバンドが誕生していた。彼らは、演奏テクニックも楽器も充分には持ち合わせていなかったが、伝えるべき自分の感情を思いのままに演奏す...