70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

スタッフブログ

ライフスタイル

水島新司に呼ばれた

隣県にある紀伊國屋書店に行こうと車を走らせたが、この辺の沿線沿いは開発が急ピッチで進んでいるため道路工事中による迂回路が多く、来るたびに新しい道路の開通や行き止まりの道が延長されて他の道と接続されるといった街並みの変化が著しく、そのため目...
2019.01.13
ライフスタイル

文庫本消失と宇宙大作戦

未読のまましまい込んだ創元のSF文庫を探すため、納戸の棚を見上げた。そこに積み上げた段ボール箱には、不要になったパソコン関連本、音楽系雑誌、重複購入したコミックや新書判の片割れ、ブックオフとヤフオクで収集した未読の小説などが詰まっている。...
2019.01.13
モノローグ

出逢いのページ

夢の世界に拡がる時間の川は澄み切った記憶を湛え、しんと静まり返っている。常識が迫り、またある種の条件付けを施されると、たちまち時間の川は遠い過去の源流から現在という入り江に記憶を注ぎ込み、未来にその波紋を拡げて行く一連のプロセスを組み立て...
2019.04.19
ライフスタイル

ウォーキングの季節

空の高い位置に浮かんだ雲の塊が小さな魚の群れのようだ。立て続けに発生した台風が、居座っていた残暑を蹴散らして季節をぬりかえたように、雲がすっかり秋の様相になった。朝晩も涼しくなり、夏バテならぬ夏太りを解消するために、暑さに閉口してずっとサ...
2019.01.13
モノローグ

Dropped life tide

じっととどまって何もしようとしない相変わらずの日々がまた過ぎていく。普段はただ見上げるばかりの上空に点在する厚い雲。昼間の世界を象徴する太陽と蒼穹。重い足取りで歩道を暫く行くと、日が翳った。 雑木の葉から注ぐ木漏れ日がちらちらと眼を...
2019.01.13
ライフスタイル

本屋事情

久しぶりに小説モードになった。私の場合、定期的に読みたくなる本のカテゴリが漫画と小説で入れ替わるのだが、先日漫画周期が終わり、小説を読みたい気分になった。長く続いた漫画モードから小説モードに、切り替えのスイッチとなった原因は判然としないが...
2019.01.13
ライフスタイル

パソコン専用メガネ

これまでパソコン作業中は視力の低下を抑えるビュー眼鏡を掛けていたが、このほどJ!NS(ジンズ)でパソコン専用メガネを購入した。パソコン、スマホ、液晶テレビから発せられるブルーライトは可視光線の中で最もエネルギーが強く、目の奥の網膜にまで届...
2019.01.13
ライフスタイル

後方のクラウド

車の向こう側の風景は、早秋に包まれ穏やかに暮れようとしている。窓の形に切り取られた流線形の街並みがあっという間に後ろに消え去った。何気なく付けたラジオから懐かしい曲「ジャーニーのスザンヌ(Journey – Suzanne)」が流れ、アク...
2019.01.13
モノローグ

見えない手の画法

あなたにもらったパレットから静かに新しい色が生まれはじめる。出逢えた喜び、出逢って知ったつらさ、様々な色を足した。言葉ひとつで、映る物が変わってしまう。しんと静まり返った夜の黒、木漏れ日に包まれた時の青、いずれも不安と悲しみは決して立ち去...
2019.01.13
モノローグ

始まりと終わり

「私はこうしてここにいる」この表現の中にはいくつもの謎が含まれている。私という存在は一体誰なんだろう。こことは何処なんだろうか。また、いるとはどういう状態を示したときにそう呼ばれるのだろうか。 超新星の塵芥を集めて原始太陽系が創造さ...
2019.01.13
タイトルとURLをコピーしました