70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

古川栄司

コメント

分類歴代ソロ

ふるかわえいじ。1971年7月11日生まれ(51歳)、静岡県熱海市水口町出身。
忍者」の元メンバー。愛称:エーくん、ふるたん。 忍者のメンバーからの愛称:ふとし。

[関連ソロ・ユニット]

高校2年生の1988年6月頃に、少年隊に憧れてジャニーズ事務所に入る。

光GENJIのバックダンサーグループ「平家派」のメンバーとして活動後、ジャニー喜多川の采配により、1989年7月に「少年忍者」への大抜擢を受ける。

一方でジャニーは、SMAPを光GENJIのような7人組にし、古川、中居、木村の年上組と、4人の年下組という構図に変えたいとも思っており、1990年春に少年忍者を「忍者」に改名して同年夏にCDデビューさせるにあたり、古川はジャニーから「忍者として今すぐにCDデビューするか、SMAPのメンバーになって1年後にCDデビューするか、Youどうしたい?」と問われ、忍者を選んだ。

ダンスは苦手だったがアクロバットを得意とし、片手バック転なども軽々とこなしていた。 また、歌が上手かった。 シングル『日本』(1993年2月24日発売、テレビ朝日『人間探検!もっと知りたい !!』EDテーマ)ではメインボーカルを担当し、語りかけるような甘い声を披露している。

山本淳一、城島茂、中居正広と仲が良く、当時アイドル時代に付き合っていた熱海在住の彼女が中居のことも好きだと知り、中居をわざわざ熱海まで連れてきて彼女に会わせてあげたこともあった。山本も熱海に遊びに来たことがある他、城島の奈良の実家に一緒に遊びに行ったこともあった。

1994年、結婚していたことが発覚した志賀泰伸と共に「忍者」を脱退。同時にジャニーズ事務所からも解雇となった。

当時、古川が解雇された理由として“肥満”が原因だとされていたが、ファンたちの間では、本当の理由は違うと言われている。
古川の解雇を知って心配したファンが熱海の実家を訪ねた際、古川の母親が涙ながらに明かしてくれたというもので、以下の通り。

1994年某日、古川がTOKIOの山口達也、松岡昌宏と3人で遊んでいた際、スケジュールが入っていたことをうっかり忘れていた松岡は、仕事に穴を開けてしまった。松岡本人は勿論のこと、同じグループで年上の立場に当たる山口の管理責任も問われる所であったが、この一件に怒った副社長のメリー喜多川は、古川ただ一人に全ての管理責任を負わせ、古川だけが引責解雇される結果となった。

ジャニーズ事務所を退所した後は、「グランクリュ・コンサルティング」に移籍して舞台役者として活動したり、ファンの要望に応えて歌を披露したりもしていたが、1995年夏の熱海でのミニLIVE、そして9月の舞台『華やぎの糸』(大阪近鉄劇場)を最後に芸能界から引退した。

引退後は、「故郷の熱海市で、ファンとの飲み会も開いた『六本木』という名のスナック、友人の干物屋、温泉のいずれかで働いている」とか、2000年頃には「中野区鷺宮の新青梅街道沿いのラーメン屋で雇われ店長をしている。しかもその店には志賀泰伸も時々手伝いに来ている」、「テレビ東京『ASAYAN』の男性ボーカリストオーディションに参加するも、元ジャニーズということでお引取りを余儀なくされる」、2002年から2003年にかけては、「高木、志賀と共にキャバクラ通いに精を出し、18~20歳の女の子に夢中になっている」、などの情報や目撃談が存在していた。

また2003年には、新宿区歌舞伎町のホストクラブ「トップダンディー」で“英二”の源氏名でホストとなった。
しかし2005年3月頃、ホストの仕事中に泥酔し、店の階段から転落。顔を縫うほどの大怪我を負うなどして、同年9月頃にホストクラブを退社した。

同2005年、杉並区近辺の居酒屋にてアルバイトを開始。そして2009年に突如、『週刊文春』(2009年7月16日号)の「『元ジャニーズ』18人 壮絶な人生」の記事で久々に公に登場。ジャニーズ事務所を辞めた理由について、「太ったから(笑)。ジャニーさんから『ユー、痩せて』って注意されていましたが、無視していました。結局、契約は更新されませんでした」と語った。
更に同誌の2009年12月10日号「ジャニーズの女たち総決算!」にも登場し、「アイドル時代に“趣味はテレホンカード集め”と称し、ファンから何千~何万枚というテレカを貰っていたが、それは地方から彼女に電話をするためのものだった」、「SMAPの中居正広と彼女を取り合った」などの恋愛秘話や、先輩・東山紀之についてのエピソードなどを明かしている。

『週刊文春』(2016年9月8日号)のSMAPの解散に関する記事でインタビュー協力し、7年ぶりに公に登場。この記事では他に、柴谷英樹(東真司)、木野正人、尾身和樹もインタビュー協力している。続いて9月15日号(メリー喜多川に関する記事)、2017年5月4日・11日GW特大号(好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ)でも、古川のインタビューコメントが掲載された。




歴代ソロ

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました