70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

喧騒のスタバ

喧騒のスタバ

隣町のイオンにあるスタバは居心地が悪い場所に位置している。インストアイベントを行うフォレストコートに面しているのだ。

そのイオンに出掛けるのは週末なので何らかのイベントが開催されていることが多く、出演者のパフォーマンスや歌声、見物人が挙げる歓声や拍手の混ざった渦がスタバの全空間を席巻するのだ。イベントの開催時間帯には、コーヒーでほっと一息、寛ぎの読書タイム、パソコンでノマド作業といった普段のスタバ風景とは無縁の騒然とした雰囲気が漂っている。

少々の喧騒ならイヤホン越しにGoogle play Musicで音量調整した曲を流せば聞こえなくなるが、演歌歌手のマイクで増幅された狭いホールに唸りを上げる小節は完全には消せない。耳の奥の方で拭いきれない見知らぬ演歌が鳴っている。
ホールといっても買物客が行き交う中央通路の一角にハリボテ舞台と椅子を据えただけの仕切りなど一切ない急拵えの会場だ。

周辺店舗にとってはイベントに集まった見物客が必ずしも相乗効果を生む客層ではなく、むしろ潜在的購入者を減らしているのではなかろうか。狭い通路は見物客に塞がれているので、イベントに興味がない人はチラッとイベント会場に目をやり、立ち止った人々にぶつからないように前方へ注意を向け、足早にその場を去ることに意識が削がれ、買い物客から単なる通行客に変わっているからだ。通行客はお金を落としてはいかない。

おそらく競合店対策として増床した際にこういった間取りになってしまったと思われるが、スタバにとっては望ましい出店環境とは思えない。

 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました