70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

年末年始のテレビ番組

年末年始のテレビ番組

年末年始に見たいテレビ番組がない。

一昔前は9時から10時台のドラマだけでも週7本以上は確実に見ていたものだが、ここ数年来、欠かさず見るTV番組は激減しているので、そのライフススタイルを裏付けるように年末年始のテレビ欄には、これと言って私の気を惹く特番は見当たらなかった。

年末恒例のたけしの超常現象SPが今年も放送するようなので、テレビを付けてみた。
今年は新ネタはないのか、ビックフットの撮影と手品でお茶を濁し、収録中のスタジオ屋上にUFO出現のハプニングが用意されていたが、例によって砂粒大の丸いシミに過ぎず真偽のほどは不明、お馴染みの超常現象論客の激論は盛り上がりに欠けた感が否めないものの、テレビに向かって斜に構えても仕方ないので、年末に唯一楽しめた特番であったと言っておこう。

その他、一時の格闘ブームが無くなってスポーツバラエティ番組が増えたようだけど興味はない。レコード大賞ってまだやってるの何か違和感あり。紅白は見たことないので却下という感じで、年越し蕎麦を食べながらダウンタウンの絶対に笑ってはいけないシリーズを少しだけ見て、普段通り読書に切りかえた。

年が明けて三が日では、相棒SPとナイナイのぐるナイSPを見た。
相棒はよかったが、ぐるナイはゴチの新メンバーが誰かな程度の興味しかなく、この日2試合目のゴチに至っては、レギュラー陣よりこちらがお腹いっぱいになってしまい、テレビを切った。

4日目にやっと面白い番組があった。
ローカル路線バスの旅とドリームハウスである。いずれもテレビ東京の番組。
毎回楽しみにしているバスの旅、今回は太川陽介と蛭子さんコンビは何とわが町をバスで経由したようだ。ニアミスできず残念。でも、ラテ欄の重大発表っていうのが、番組のDVD発売だったとは・・・。

完全に視聴者のメインターゲット層から外れたオヤジの独り言だったが、年々正月気分が薄れていく廻りの印象を拭えないのも、やはり世代的な感情がもたらすものだろうか。

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました