70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

Billboardの歩み 1956年

Billboardの歩み 1956年
コメント

1956年 週間1位

※通し番号.曲名 邦題/アーティスト/No.1の日付(No.1の週数)/年間順位
※6.16、9.15、11.17が2回あるのは、No.1曲が2曲あるため。
  1. Memories Are Made of This 想い出はかくのごとく/Dean Martin/56.1.14-2.11(5)/9位
  2. The Great Pretender/the Platters/56.2.18-2.25(2)
  3. Rock and Roll Waltz ロックンロール・ワルツ/Kay Starr/56.3.3-3.17(3)/10位
  4. The Poor People of Paris パリの可哀いそうな人々/Les Baxter & His Orchestra/56.3.24-4.28(6)
  5. Heartbreak Hotel/Elvis Presley/56.5.05-6.16(7)/1位
  6. The Wayward Wind 風来坊ロック/Gogi Grant/56.6.16-7.28(7)/5位
  7. I Almost Lost My Mind 気も狂うほど/Pat Boone/56.8.4-8.11(2)
  8. My Prayer/the Platters/56.8.18-9.15(5)/4位
  9. Don’t Be Cruel 冷たくしないで/Elvis Presley/56.9.15-10.27(7)/2位
  10. The Green Door/Jim Lowe/56.11.03-11.17(3)
  11. Love Me Tender/Elvis Presley/56.11.17-12.01(4)
  12. Singing the Blues ブルースを歌おう/Guy Mitchell/56.12.08-57.2.2(9)/7位

1956年 年間TOP10

※6位はなく、代わりに8位に2曲。「The Poor People of Paris パリの可哀いそうな人々/Les Baxter & His Orchestra」は1957年の年間7位。
  • 3位.Lisbon Antigua/Nelson Riddle (最高2位)
  • 8位.Whatever Will Be, Will Be ケ・セラ・セラ/Doris Day (最高2位)
  • 8位.Hound Dog/Elvis Presley (Don’t Be CruelのB面)

1956年はなんといっても、”プレスリーがブレイクした年”として記憶されるべきでしょう。 ハートブレイク・ホテルを初め、3曲がNo.1になっています。
プラターズは大好き、ケイ・スターも捨てがたいんですけど……。

しかし”この1曲”は、ゴーギー・グラントの風来坊ロック。
この曲は彼女の唯一のヒットなんですね……。とても味がある声をしているのに、たった1曲しか流行らなかったのは、やはりアメリカの層の厚さゆえでしょうか。

ちなみにWayward Windとは気まぐれな風。 失恋の唄のようです。
この曲は当時のミュージック・シーンを反映していて、ゴーギーのために書かれた曲ではなく、同時にテックス・リッター、ジミー・ヤング版も発売されています。 またアン・マレーなど多くのカバーがあります。

@阿修羅掲示板




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました