70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

Billboardの歩み 1955年

Billboardの歩み 1955年
コメント

ポップスを語るとき、米ビルボードの影響を無視はできないでしょう。
初期には「キャッシュボックス」もアメリカンポップスファンには有名な存在で、どちらのチャートの方に信頼性があるのかといった議論も交わされましたが、今では商売上手だったビルボードの天下になってしまったようです。

ビルボードのチャートは、「アメリカンTop40」とか「全米Top40」のような名称で日本のラジオ放送に登場してきました。 以前はWebサイトで、「ビルボードの歴史」とか「~の功罪」といった文章を読むことができたのですが、最近はあまり見当たりません。 ウィキにも歴史はあまり書かれていません。

ラジオ放送ではFM東京、NHK-FMなどで聞いた覚えがあります。 NHK-FMでは、40位までの中から、主に初登場の10曲くらいを選んで掛けるというスタイルでしたが、番組名もDJも忘れてしまいました。

重要なのは、雑誌「FMファン」にチャートが転載されていたことです。 これには日本盤レコードの型録番号も記載されたので、レコード購入に役立ちました。 ただ、ときどき(主に年末年始)チャートのページが抜けるのには困りました。 それをデータとして記録するため、PC9801を買いました。

今は、ビルボードサイト上で、過去の「HOT 100」を全て見ることができます。

The Hot 100 Chart

「HOT 100」が始まったのは、1958年8月4日からですが、ビルボードのウィークリーチャートは、1955年の「TOP 100」から始まっています。 その前にもチャートはあったようですが、不定期で、統一性もなかったらしいです。しかし残念ながら、billboard.comには今のところ「TOP 100」は載っていません。

音楽の視聴方法が配信やサブスクリプションサービスに変化する中、もうビルボードはその役割を終えたと思いますが、”変わらない夢を見たがる者”の一人として、”古き良き時代”の名曲を、その年のNo.1曲の中から選んで紹介しようと思います。

1955年 週間1位

※通し番号.曲名 邦題/アーティスト/No.1の日付(No.1の週数)/年間順位
  1. Love Is a Many-Splendored Thing 慕情/The Four Aces/55.11.12-26(3)/7位
  2. Sixteen Tons 16トン/Tennessee Ernie Ford/55.12.3-56.1.7(6)

1955年 年間TOP10

※上記の週間1位曲以外の年間TOP10
  • 1位.Cherry Pink and Apple Blossom White チェリー・ピンク・チャチャ(セレソ・ローサ)/Perez ‘Prez’ Prado (and His Orchestra)
  • 2位.(We’re Gonna) Rock Around the Clock ロック・アラウンド・ザ・クロック/Bill Haley (and His Comets)
  • 3位.The Yellow Rose of Texas テキサスの黄色いバラ/Mitch Miller (and His Orchestra and Chorus)
  • 4位.Autumn Leaves 枯葉/Roger Williams (at the Piano)
  • 5位.Unchained Melody/Les Baxter (Orchestra and Chorus)
  • 6位.The Ballad of Davy Crockett デヴィー・クロケットの唄/Bill Hayes
  • 8位.Sincerely/the McGuire Sisters
  • 9位.Ain’t That a Shame 悪いのはあなた/Pat Boone
  • 10位.Dance with Me Henry/Georgia Gibbs

2曲しかないわけですが……これはもう、コレ!
言わずと知れた、映画「慕情」の主題歌ですが、映画はインストルメンタルと無名(?)のコーラスで、Four Acesのはサントラではありません。

この映画で描かれた香港は66年後の世界、そしてこれから、どのように変化していくのでしょう?
ともあれ、ムカシも今も、映画音楽は強い!!

@阿修羅掲示板




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました