70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

Billboardの歩み 1958年

Billboard歩み 1958年
コメント

1958年 週間1位

※通し番号.曲名 邦題/アーティスト/No.1の日付(No.1の週数)/年間順位
  1. At the Hop 踊りに行こうよ/Danny and the Juniors/58.01.06-02.17(7)
  2. Get a Job/the Silhouettes/58.02.24-03.03(2)
  3. Don’t/Elvis Presley/58.03.10(1)/3位
  4. Tequila/the Champs/58.03.17-04.14(5)/8位
  5. Twilight Time/the Platters/58.04.21(1)
  6. Witch Doctor/David Seville/58.04.28-05.12(3)/4位
  7. All I Have to Do Is Dream 夢をみるだけ/the Everly Brothers/58.05.19-06.02(3)/2位
  8. The Purple People Eater ロックを踊る宇宙人/Sheb Wooley/58.06.09-07.14(6)
  9. Yakety Yak/the Coasters/58.07.21(1)
  10. Patricia/Perez Prado/58.07.28(1)/5位
  11. Poor Little Fool/Ricky Nelson/58.08.04-11(2)
  12. Nel Blu Dipinto Di Blu (Volare)/Domenico Modugno/58.08.18&9.01-9.22(5)/1位
  13. Little Star/the Elegants/58.08.25(1)
  14. It’s All in the Game 恋のゲーム/Tommy Edwards/58.09.29-11.03(6)/9位
  15. It’s Only Make Believe 思わせぶり/Conway Twitty/58.11.10&11.24(2)
  16. Tom Dooley/Kingston Trio/58.11.17(1)
  17. To Know Him Is to Love Him 会ったとたんに一目ぼれ/Teddy Bears/58.12.01-15(3)
  18. The Chipmunk Song/David Seville and the Chipmunks/58.12.22-59.01.12(4)

1958年 年間TOP10

  • 6位.Sail Along, Silv’ry Moon 浪路はるかに/Billy Vaughn (最高5位)
  • 7位.Catch a Falling Star 流れ星をつかもう/Perry Como
  • 10位.Return to Me/Dean Martin (最高4位)

この年の8月4日から、名称がHOT100に変わりました。

この日付から、完全な100位までのチャートをBillboardのホームページ上で見ることが出来ます。(それ以前のチャートもいずれはウェブで公開して欲しいと願っています。)

前年くらいまでは、白人ヴォーカリストがチャート上位に来ることが多かったのですが、1956年から登場していたプラターズに続いて、シルエッツ、コースターズなどの黒人コーラスグループが台頭してきます。

それから、キューバ出身のペレス・プラード(マンボ)、イタリアのドメニコ・モドゥーニョ(カンツォーネ)というように国際色豊かになります。

またWitch Doctor、The Purple People Eater、Yakety Yak、The Chipmunk Songと言ったコミック・ソングが登場したのも驚きでしょう。 中でもデビッド・セビルが録音テープを高速再生することで高音を出すという、画期的な技術で作られた、「アルビンとチップマンクス」は当時のビッグヒットになり、多数のアニメ番組や映画が制作されました。
日本でも1964年からたびたび吹き替え版が放映されています。(トッポ・ジージョが誕生したのも1958年だそうで、なんか関係ありそうな気も。 日本登場は1966年で、山崎唯の声と大村崑との共演でブームになりました)

というわけでクリスマスソングでもある、「The Chipmunk Song」をチョイス。
(この記事の投稿時にはエド・サリヴァン・ショー出演時の動画もアップされていました。)

@阿修羅掲示板




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました