70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

読書リハビリ

読書リハビリ

今年も残すところあと僅か。
9月末頃から久しぶりに読書モードになり、暮れも押し詰まった今週からハリー・ポッターを読み始めた。
いまさらながらのハリー・ポッターだが、偶然にも今夏に文庫化が決定し、来年1月に「ハリー・ポッターと死の秘宝」の発売をもってシリーズ完結となるようだ。
探してみると確かに本屋の平台や通路エンドにある販促棚、ブックオフの海外文学コーナーに並んでいた。シリーズ刊行中と言うことはどこかで知らないうちに見かけていて、読みたくなったのかもしれない。
いずれにせよ、各話ごとに分冊で発売されるため、シリーズ7作品が文庫23冊分になる。この時点で2分冊の「ハリー・ポッターと賢者の石」を読み終え、出版社の事情はさておき、各250ページ数前後なので分冊する必要性はないと思うが、背表紙上段に刻印されたシリーズの通し番号が陳列の儀式派としては嬉しかったりする。

ここ三カ月で読んだ本は、SF、妖怪、ホラー、ファンタジーといれずも現実とかけ離れた舞台設定ばかり。
前回の読書モード時に買い溜めた(おそらく100冊以上の)推理本などはいつ手を出すのだろうか、自分でも分からない。
来年こそはと思うが、まだまだ読書リハビリ中である。

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました