70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

SUMMARY

コメント

分類エンタメ・メディア

SUMMARYサマリー』は、ジャニーズ事務所のタレントによる舞台作品。
企画・構成・総合演出はジャニー喜多川

「SUMMARY」とは日本語で「要約」という意味があり、その意味の通り、現在までのジャニーズ事務所の歴史を、1時間30分から2時間で披露する舞台。また、「夏」の「SUMMER」にもかけられており、「世代を超えていつまでも子供たちが楽しめるイベントにしたい」というジャニー喜多川の意向で、夏休み期間中に開催される。

公演の大まかな内容は、出演しているグループが歴代のジャニーズタレントの映像を織り交ぜながら、その映像に映し出されているタレントの楽曲を歌うというもの。「劇」というよりは「コンサート」に近いが、通常のコンサートとは違うため、観客は必ず着席して観賞しなければならない(ペンライトや応援うちわは使用可)。

※ 出演メンバーの所属グループは公演当時のもの。

Johnnys Theater SUMMARY of Johnnys World

2004年8月8日 – 29日、原宿新ビッグトップ、全35公演(19公演+追加16公演)。
総勢100名のジャニーズJr.が出演し、360度の会場内全面スクリーンやリフターを駆使したステージで、青い衣装のNEWS(錦戸亮、内博貴を抜いた6名)と赤い衣装のKAT-TUNのメンバー計12名がステージ中央で手をつなぎ、200本の噴水が高さ8メートルに立ち昇る中を輪になってフライングしたり、初代ジャニーズからタッキー&翼までの先輩の映像をバックに、ジャニーズ事務所42年の歴史を振り返るヒット曲のメドレーを披露。
計35公演で12万3,000人を動員し、コンサート史上最多の一斉フライングが話題となった。

[キャスト]

  • NEWS、KAT-TUN、Ya-Ya-yah、A.B.C.、A.B.C.Jr.、ジミーMackey、J.J.Express、Kis-My-Ft.、Question?、ジャニーズJr.

Johnnys Theater NEWSUMMARYa-Ya-yah 2005

当初は『Johnnys Theater “SダUイMジMェAスRトY2005”』のタイトルを使用する予定だった。
製作費は前回と同じく12億円。
公演はグループ別で、NEWSは「スポーツ」をテーマに、Ya-Ya-yahは「芝居」をテーマに公演が行なわれ、Kis-My-Ft2らジャニーズJr.総勢150人も出演した。

  1. 『Johnnys Theater “NEWS show time” SUMMARY 2005』
    • 2005年7月26日 – 28日、8月30日 – 9月4日、全27公演(22公演+追加5公演)
    • 会場 : 品川アクアスタジアム内 Johnnys Theater(ステラボール)
    • 出演 : NEWS、J.J.Express、Kis-My-Ft2、FIⅤE、Question?、ジャニーズJr.
  2. 『Johnnys Theater “Ya-Ya-yah show time” SUMMARY 2005』
    • 2005年7月29日 – 31日、8月29日(追加日)、全12公演(9公演+追加2公演+再追加1公演)
    • 会場 : 品川アクアスタジアム内 Johnnys Theater(ステラボール)
    • 出演 : Ya-Ya-yah、J.J.Express、Kis-My-Ft2、FIVEQuestion?、ジャニーズJr.

サマーなら歌って踊けて JohnnYs’ SUMMARy 2008

2008年8月2日 – 31日(30公演)、8月29日(追加2公演)、9月1日 – 5日(再追加5公演)、お台場・青海 J地区特設会場 「Johnnys Theater」、全37公演。
総製作費は15億円で、お台場の約1万5,000平方メートルの敷地に直径60メートル、高さ30メートルの円形ドーム型の会場(約3,300名収容)が作られた。

ステージでは24トンの水を使用して高さ11メールまで上がる噴水の演出や、Hey! Say! JUMPの当時のメンバー10人による約16メートルの高さでのフライングなどが披露された他、“7 VS BEST”のテーマに沿って2つの軍が様々な技で勝負したり、中山優馬が主人公となって世界各国を回るというストーリーでショーが展開され、総勢約200名が出演した。

B.A.D.の中間淳太は初日の8月2日初回公演のオープニングで足をひねり、右足くるぶしとかかとの間の骨の剥離骨折で1か月の重傷であると診断されたが、「迷惑はかけられない」と当初からの予定通り、8月10日までの11ステージをテーピングをしながら出演した。

本公演のチケットは即日完売し、元々は休演日だった8月29日に2公演の追加特別公演が決定。
また、ファンへの感謝、そして五輪にちなんでタイトルを「金SHOW」としたこの特別公演の場で9月1日~5日の再追加(アンコール)公演と、A.B.Cに橋本良亮が加入してA.B.C-Zが結成されることが発表された。全37公演で12万4000人を動員。

[キャスト]

  • Hey! Say! JUMP
  • A.B.C.
  • Kis-My-Ft2
  • Question?
  • TOP3
  • B.A.D.
  • 中山優馬(関西ジャニーズJr.)
  • ジャニーズJr.
    • 山下翔央、森本慎太郎
    • 伊藤拓美、大川慶吾、川島如恵留、神田憲征、菊池風磨、佐藤駿、髙畑岬、高田翔、田中樹、仲田拡輝、増田良
    • 安東心、伊藤竜道、井上健太、潮田海人、川井翼、神田龍威、岸孝良、田中斗希、寺西拓人、中島健人、柾木秀斗、松本晃央、山中貞正
    • 植草裕太、カミュ―・ケイド、京本大我、山下莉央
    • 秋山大河、阿部亮平、アンダーソン・ケイシー、池田優人、伊藤純平、稲葉光、今井龍世、岩本照、小野寺一希、加藤幸宏、川村陵、後藤泰観、今野貴之、佐久間大介、杉原冴樹、髙橋竜、滝野雄、武内幸太郎、冨岡健翔、羽川光彦、深澤辰哉、藤間貴彦、前田紘利、村治将之助、森田美勇人、安井謙太郎、山下拓海、山本亮太、吉田遼平、渡辺翔太、渡辺大輝
    • 赤石恭佑、阿久津愼太郎、阿部尊、新井一馬、飯塚翼、飯森拓規、池田聖矢、石川拓哉、磯貝俊太朗、伊藤真路、伊藤優太、今井希、岩辺駿、岩本孝司、大塚裕哉、岡本一将、金原竜二、木附沢達、黒川欣希、黒澤峻、斉賀大貴、佐々木大河、佐藤駿也、佐藤聖純、佐藤勇気、白岩瑠姫、鈴木梨緒、高瀬唯斗、高橋知葵、高本広貴、竹永丈輝、常川藍里、徳谷一貴、長島洸樹、西崎拓也、塙大輝、ビニー鉄矢、平井耕太、福井翔太、藤田勇紀、松本祐輝、松本優亮、村田開人、森健、森継亮太、山下真奈扶、和室憂也
    • 黒澤昂太、黒澤健太

SUMMARY 2010

テーマは「circus(サーカス)」。
2010年7月19日 – 8月29日、Johnnys’ Circus Boys Hall(JCB HALL)、全56公演(50公演+追加6公演)。
会場は東京ドームシティアトラクションズ内の「JCB HALL」(後のTOKYO DOME CITY HALL)が使われたが、当公演時に限り、「Johnnys’ Circus Boys」の文字が会場名として埋め込まれた。
なお、当初は「Johnnys’ Cool Base」の文字が埋め込まれる予定だった。
犬の登場やそれまでにない空中ブランコ、綱渡り、3D映像の使用などを次々に披露していった。 曲の中心は主にHey! Say! JUMPの1stアルバム『JUMP NO.1』で作られた。

[キャスト]

  • Hey! Say! JUMP
  • 中山優馬
  • B.I.Shadow
    • 髙地優吾、中島健人、菊池風磨、松村北斗
  • ジャニーズJr.(京本大我、田中樹、ルイス・ジェシー、森本慎太郎、安井謙太郎、ほか100名以上。 森本慎太郎は不定期出演)

SUMMARY 2011

2011年8月7日 – 9月11日:TOKYO DOME CITY HALL(旧・JCB HALL)、18日:京セラドーム大阪、24日&25日:東京ドーム、全48公演(2都市、45公演 + 『さよなら夏休み!SUMMARYスペシャル 「DOME SUMMARY」』と題して東京ドームでの追加3公演)。
Hey! Say! JUMPのコンサートにて開催。また、初の地方公演、ドーム公演が行われた。

[キャスト]

  • Hey! Say! JUMP
  • B.I.Shadow
    • 髙地優吾、中島健人、菊池風磨、松村北斗
  • ジャニーズJr.
    • 赤垣海斗、秋山大地、安嶋秀生、阿部顕嵐、五十嵐大樹、伊藤光希、井上瑞稀、今村隼人、岩岡修輝、岩橋玄樹、ウェスリー・マッシー、植田翔、植月泰匡、上原勝太郎、大久保ルイス、大塚祐哉、岡田蒼生、荻野朋哉、小俣翔、海宝潤、影山拓也、桂川若葉、角井健人、金井大地、川口優、川﨑翔太、岸本慎太郎、岸優太、木村友哉、倉本郁、栗田恵、今野貴之、堺隼弥、櫻井龍之介、佐藤勝利、神宮寺勇太、新藤樹力、鈴木拓巳、鈴木拓哉、鈴木理人、高橋賢生、高橋実靖、髙橋颯、髙橋凜、田島将吾、田中虎太郎、田中樹、田中誠治、谷口優哉、谷村龍一、千田京平、千野葵、椿泰我、長妻怜央、中村嶺亜、西本京平、西玲人、根岸葵海、萩谷慧悟、橋本涼、塙大輝、羽生田挙武、羽場友紀、林一平、林丈一、林拓音、林蓮音、原嘉孝、半澤暁、福本大樹、藤田裕也、ブローチ海、堀越大輝、堀越湧太、松倉海斗、松島聡、松田元太、マリウス葉、三浦わたる、宮近海斗、村治将之助、目黒蓮、森谷拓歩、森本慎太郎、諸星翔希、山縣悠己、山倉沙瑠芙、山下一成、山本稜真、吉澤閑也、吉野翔太、ルイス・ジェシー、脇山礼、輪島大生、渡辺大輝、他多数

[スペシャルゲスト]

  • Kis-My-Ft2(東京ドーム公演に出演)
  • 中山優馬(京セラドーム大阪と、東京ドーム公演に出演)

ABC-Z and Sexy Zone Johnny’s Dome Theatre ~SUMMARY~

タイトルは“Theater”ではなく“Theatre”。
2012年8月6日 – 9月9日、全64公演(3都市、51公演+追加13公演)。

1.『A.B.C-Z SUMMARY 2012

8月6日 – 19日:TOKYO DOME CITY HALL(16公演+追加4公演)、8月29日 – 9月1日:中日劇場(5公演+追加2公演)
テーマ 「宇宙の旅」

[出演]

  • A.B.C-Z
  • Travis Japan(8月12日から出演)
    仲田拡輝、川島如恵留、七五三掛龍也、森田美勇人、吉澤閑也、中村海人、阿部顕嵐、宮近海斗、梶山朝日
  • Sexy Boyz
    岩橋玄樹、岸優太、倉本郁、栗田恵、神宮寺勇太、髙橋颯、谷村龍一、中村嶺亜、羽生田挙武、松倉海斗、松田元太(以上11名は、8月11日~15日は下記のSexy Zoneの大阪公演に出演したために不在)
  • Jr.BOYS
    大川慶吾、龍興直弥、森継亮太、守屋亮佑、松本拓朗、江上龍、笹原英作
  • ジャニーズJr.
    秋葉瑠世、秋山大地、アンダーソン・ケイシー、五十嵐大樹、井上瑞稀、ウェスリー・マッシー、大久保ルイス、岡田蒼生、小川優(8月12日から出演)、海宝潤、影山拓也、桂川若葉、角井健人、金井謙太郎、金田耀生、川口優、岸孝良、岸本慎太郎、小池一基、小林瑞生、今野貴之、鈴木拓巳、鈴木拓哉、高田翔(8月6日、14日、19日の各日夜公演のみ不在)、高橋実靖、髙橋凜、田中誠治、田中斗希、玉元風海人、千田京平、千野葵、椿泰我、寺西拓人、二宮理人、萩谷慧悟、橋本あすか、橋本涼、塙大輝、羽場友紀、林拓音、林蓮音、原嘉孝、半澤暁、藤田裕也、堀越大輝、堀越湧太、増田良、松本晃央、三浦わたる、村治将之助、目黒蓮、森谷拓歩、諸星翔希、安井謙太郎、山倉沙瑠芙、山下一成、脇山例、輪島大生、渡辺大輝、ほか
  • 名古屋ジャニーズJr.(名古屋公演のみの出演)
2.『Sexy Zone SUMMARY 2012

8月11日 – 15日:梅田芸術劇場(9公演+追加2公演)、8月21日 – 9月2日:TOKYO DOME CITY HALL(17公演+追加4公演)
テーマ 「奇跡」

[出演]

  • Sexy Zone
    中島健人、菊池風磨、佐藤勝利、松島聡(Sexy Boyzとの兼任)、マリウス葉(Sexy Boyzとの兼任)
  • Travis Japan 弟組(東京公演のみ出演)
    吉澤閑也、中村海人、阿部顕嵐、宮近海斗、梶山朝日
  • Sexy Boyz
    井上瑞稀、岩橋玄樹、角田侑晟、神宮寺勇太、岸優太、倉本郁、栗田恵、髙橋颯、谷村龍一、中村嶺亜、羽生田挙武、松倉海斗、松田元太、松島聡(Sexy Zoneとの兼任)、マリウス葉(Sexy Zoneとの兼任)
  • ジャニーズJr.
    岸孝良、諸星翔希、増田良、萩谷慧悟、角井健人、半澤暁
    (以上6名は、上記のA.B.C-Zの名古屋公演〔8月29日~9月1日〕に出演したため、リハーサルも含めて8月27日から9月1日まで不在)
    赤垣海斗、秋葉瑠世、秋山大地、安達疾風、新井一馬、五十嵐大樹、石田直也、石丸浩之、伊藤光希、今村隼人、ヴァサイェガ光、ヴァサイェガ渉、ウェスリー・マッシー、植田翔、上原勝太郎、大久保ルイス、岡田蒼生、荻野未友治、海宝潤、影山拓也、加藤弘之、金井大地、金田耀生、加納大雅、川﨑皇輝、川﨑翔太、岸本慎太郎、小池一基、小林翔、今野大輝、今野貴之、櫻井龍之介、篠原瑞希、新藤樹力、末川久善、菅原昌、菅田琳寧、鈴木舜映、鈴木太誠、鈴木拓巳、鈴木拓哉、鈴木理人、高田翔(8月21日、25日、26日のみ)、高橋実靖、髙橋汐音、髙橋凜、田島将吾、田中誠治、谷俊樹、玉元風海人、田村翔、千野葵、椿泰我、寺西拓人、豊田陸人、長妻怜央、中村陸、西玲人、二宮理人、根岸葵海、橋本涼、塙大輝、羽場友紀、林一平、林拓音、林蓮音、福本大樹、藤田裕也、古林虹輝、ブローチ海、堀越大輝、前田航気、増尾陽路、松本晃央、松本航大、松本拓真、三浦わたる、水越大介、水谷友洋、三角章斗、村木亮太、村治将之助、目黒蓮、望月浩平、基俊介、本髙克樹、森谷拓歩、山懸悠己、山下一成、脇山礼、輪島大生
3.『ジャニーズJr. SUMMARY 2012』(通称:バカレアサマリー)

9月8日&9日:TOKYO DOME CITY HALL(2公演+追加1公演)

出演:ジャニーズJr. (髙地優吾〔8日は日本テレビ『スクール革命!』の収録で不在〕、京本大我、田中樹、松村北斗、ルイス・ジェシー、森本慎太郎、高田翔、井上瑞稀、ほか多数)

4.『内博貴 with Question? SUMMARY 2012

9月8日&9日:TOKYO DOME CITY HALL(2公演)

出演 : 内博貴 with Question?

DVD

  1. SUMMARY of Johnnys World Digest(2004年11月)
  2. SUMMARY of Johnnys World(2005年4月20日)
  3. SUMMARY 2010(2011年1月12日)
  4. SUMMARY 2011 in DOME(2012年3月7日)
  5. Johnny’s Dome Theatre ~SUMMARY 2012~ A.B.C-Z(2013年1月16日。Blu-ray同時発売)
  6. Johnny’s Dome Theatre ~SUMMARY 2012~ Sexy Zone(2013年2月13日。Blu-ray同時発売)



エンタメ・メディア

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました