70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

岡田有希子『ファースト・デイト』

岡田有希子『ファースト・デイト』
発売日 1984.04.21
作詞 竹内まりや
作曲 竹内まりや
編曲 萩田光雄

詞の内容から考えれば、竹内まりやの集大成

岡田有希子のデビュー曲。作家陣には職業作家ではなく、シンガーソングライターの竹内まりやが起用された。
これまでに竹内は河合奈保子や薬師丸ひろ子等の女性アイドルを手掛けた実績があるので、それを見込まれての起用だとは思うが、それにしても、新人アイドルのデビュー曲をいきなり著名なアーティストが手掛けるというのは、意外とありそうで無いパターンである。

有名アーティストによるアイドルへの楽曲提供、その事自体は70年代から多く見られるが、それは既存のアイドルが「脱アイドル」狙いでアーティスティックな音楽性に挑むケースが大半だし、加えて一般リスナーの価値観も「職業作家よりもアーティストのほうが格上」なので、有名アーティストのクレジットは「ゴージャス」「一張羅」的な意味も加わるのだから。

そう考えると、デビューでまりやをあてがった、レコード会社・事務所の有希子に対する期待度は相当なものだと云える。
当時、同様の戦略だったのは、他には三田寛子くらいじゃないかなぁ。
同じアーティスト系でも、薬師丸ひろ子・渡辺典子・安田成美は映画絡みで、ちょっと事情が異なるし、スターボー・真鍋ちえみは、あまりに実験色が強過ぎるし。

そんな有希子のデビュー曲であるが、スタッフの気合が空回りする事無く、実際に完成度の高い楽曲に仕上がっている。
まずは歌詞だが、タイトル通り、初デートの様子を描写しており、竹内が堀ちえみに提供した「待ちぼうけ」と似ているが、「待ちぼうけ」が情景描写主体だったのに対し、「ファースト~」は心理描写が主体になってる点が大きく異なる。

 ♪ずっと前からチャンスを待ち続けてきたの~ ♪「好きよ」と一言、いつか打ち明けたい~
この辺は石川ひとみ「まちぶせ」っぽいが、
 ♪何もかもがバラ色に見えるわ 初めてのデイト~  アイドルお約束の”ルンルン気分”で締めてはいるものの、
 ♪たそがれになる頃 少しだけソワソワ~ ♪手と手が震えてお喋りがとぎれる~

と、描写の基本はあくまでも「緊張感&シリアス」で、アイドル歌謡としては珍しいパターン。
この歌詞、手短ながらもストーリー展開に違和感が無く、しかも、アイドルらしからぬ「緊張感&シリアス」を主軸に、ルンルン気分・切なさ・不安など、初デートには付きものの少女心理がてんこ盛りで、なおかつ、判りやすい言葉で表現しているという優れモノである。

 ♪クラスで一番目立たない私を 選んだ理由は何故?~ ♪胸がほらドキドキ 噂になりそうよ~
 ♪どんな顔で今度会えばいいの? みんなに内緒よ~

竹内得意の「自意識過剰」もちゃんと押さえていて、作家の個性まで明確に打ち出している。

曲は「A→B→A→B”→C」という構成で、マイナー調主体で進行するが、Cメロでメジャーに転調。
これは歌詞内容に則した転調なのだが、河合奈保子「ヤングボーイ」等にも通じるモノがある。
ラストの♪好きよと一言~ で、自分の切ない気持を独白するという、情感の盛りあがりに合わせてキーをUPさせてるのも、やや強引ながら、ストーリー展開に則した構成で上手い。
しかし、この曲で特徴的なのは、サビメロを特に設けていない点である。

強いて言えば頭サビっぽいが、それでもさほど、これと言った聴かせ所は無い作りで、その点が歌謡曲好きには物足りなくあるが、反面、全体がムラ無く優れたメロディで、決して悪い曲ではない。
それどころか、オールディーズ風のコンパクトな曲作りで(演奏時間も2分台という短さ)、歌謡曲離れした洋楽センスに富んだ楽曲であると言える。

元々竹内は洋楽志向の強い人で、「モロ洋楽」といったメロディが多いのだが、それでもこの作品は歌謡曲として上手く消化されているほうである。
それだけにキャッチーではあるが、音程のアップダウンが激しく、音自体も取りづらい作りで、デビュー曲としては、やや難易度が高いと思うが、彼女はキチンと歌いこなしており、淡々と歌ってるようで、何気に新人離れした実力である事が判る。

アレンジ面では、低音から高音へと徐々に盛りたてるイントロがスリリングで、出だしから一気に作品世界へと引き込んでしまう。
以降、ストリングス・シンセ類を適宜使用しながら、要所要所でリズムを変化させたりして、手堅いながらも仕掛けを随所に施している。

コーラスワークも結構凝っているし、♪ファーストデイト ファーストデイト~ のタイトル連呼で締め括るラストもなかなか。サウンドに関しては、曲・アレンジ共に問題無しだ。

この作品、歌詞・サウンド・歌唱、全ての面でハイレベルな出来映えである。
「ファースト・デイト」というコンセプトもデビュー曲向けだし、詞の描写も個性的で、傑作と呼んで差し支えないだろう。

しかも、詞の内容から考えると、過去に竹内がアイドルに提供してきた作品の集大成の感すらあり、この作品に対する竹内の意気込みには凄まじいモノを感じる。
デートが舞台=「待ちぼうけ」、緊張感=「Invitation」、自意識過剰=「けんかをやめて」といった具合に。

いきなり大手レコード会社・事務所所属の新人を任されて、その重責に応えるべく頑張りを示した結果であろう。(2000.6.16)

 HAGGYの台所
 


情報提供・コメント

  1. どろんぱ より:

    ユッコのデビューから35年が過ぎた2019年の今年、竹内まりやがセルフカバーなどの企画盤を出し、続いて「岡田有希子 Mariya’s Songbook」と銘打った竹内提供曲だけのコンピ盤がリリースされました。
    どちらのライナーノーツにも、ユッコに対する思いを竹内まりや自らが記しています。
    楽曲数でユッコを超える提供先がない事も、当時どれだけの思い入れがあり、竹内まりやの中でその思いが今なお続いているのかを物語っているのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました