岡田有希子『二人だけのセレモニー』

岡田有希子『二人だけのセレモニー』
発売日 1985.01.16
作詞 夏目純
作曲 尾崎亜美
編曲 松任谷正隆

ユニークな設定を生かせなかった歌詞が残念

今回は作曲を尾崎亜美が、作詞を夏目純がそれぞれ担当。
尾崎亜美という、竹内同様、著名な女性アーティストの起用であるが、その使い分けに関しては、両者それぞれに意味があると思う。

竹内の場合は「ティーンポップへの回帰」、それに見合った才覚という事での起用だが、尾崎の場合は「ニューミュージック調の追求」、それを狙っての起用だと思う。
「今風な大人にイメチェン」狙いのニューミュージック志向ではないかと。

もちろん、こうした路線変更にはキャリアアップが背景にあるのだが、それにプラスして、事務所の先輩である、松田聖子の後釜を目指すという、意向もあったと思われる。
聖子作品ではお馴染みである、松任谷正隆の起用も、そうした意向の顕れかもしれない。

で、こうした諸々の狙いが見え隠れする「二人だけ~」であるが、確かに”まりや三部作”とは異なる作風である。

まずは曲だが、竹内作品のスタンダードな曲調とは異なり、かなり独特なメロディラインである。
「A→A”→B→C→D」という構成で、全編メジャー調であるが、ニ長調で進行して行くAメロに対し、Bメロではいきなり変ト長調(嬰へ長調)へと調性が変化してしまうのだ。
ここで一旦キーがUPするのだが、Cメロでは再びニ長調に戻り、キーもダウンする。
で、最後のDメロで高音域になって、そのまま楽曲が終息するという作り。

要するに、Bメロでは突然違う曲が始まるかのような展開であり、しかも、盛りあがりの波が2回あるという、珍しい曲構成なんである。
コレに限らず、尾崎作品は変わった曲構成が多いが、これほど異色でありながら、聴いていて違和感が無いんだから、尾崎作品の中でも、コレは白眉な出来だと言えよう。

しかし、松任谷のアレンジも、こうした楽曲の特異さをフォローしていると思う。
各パート毎にリズムを変化させていて、それぞれに独自のカラーを与えている上に、パートの導入部分では、シンセブラスを効果的に使用する事で、色合いの異なる各パートを、上手く繋ぐ事に成功しているのだ。
Dメロではリズムをブレイクさせているのも上手い。

欲を言えば、タイトルが”セレモニー”なだけに、もうちょっと厳粛というか、清冽なサウンド作りをしたほうが良かったと思う。悪いアレンジではないが、Bメロ・Cメロ部分がちょっとピコピコし過ぎて、慌しいうえに俗っぽくなってしまった。

有希子の歌唱も、今回は竹内作品とは異なる面を見せている。
というのも、今回はこれまでに無くキー設定が高めで、しかも、全編”ウィスパー唱法”という、有希子にとっては冒険作となったからだ。

結果としては、A・A”メロ以外では、まぁまぁ上手く音が取れているし、ウィスパーもちゃんとこなしているので、一応成功と見てイイだろう。ただし、技巧には長けているものの、表現力にはいささか難があるかも。
もう少し、各パート毎で違ったカラーが出せたら文句無しだが、2年目程度のキャリアだったら、このレベルで”御の字”ではあるか。

夏目による歌詞も、これまでの少女染みた恋愛感情から一歩進んで、実際に恋人とキスまで漕ぎつけてしまう大胆さを見せている。
その点は、有希子のキャリアアップに則した成長だが、竹内作品と比べると、その描写がやや難解・・・というか、不親切である。

 ♪キャンパスのお別れに約束してたの~ ♪キャンパスのお別れに小さなお願い~
 ♪パーティーは二人だけ灯したキャンドル~ ♪パーティーは二人だけ見ないで星空~
 ♪とまどいも卒業よ あふれるほどにあなたが好き~

どうやら二人は学生らしいが、二人はずっと恋人同士だったの? それとも、勇気を出して初めての告白?
で、舞台は卒業パーティ? 状況的には、二人きりで個室に居るわけ?
かように、状況設定・人物設定係等が不明瞭なうえに、、

 ♪あ・・・重ねた指の十字架でも キラキラする・・・なぜ?~ ♪ねぇ・・・3本きりの花束でも ときめいてる~

といった、ロマンス目前にしての”ときめき”の表現もよく判らないし。
二人が結ばれる瞬間を「セレモニー」と表現するくだりは上手いと思うけど。
センテンス毎での描写はなんとなく掴めるのだが、これが全体を通してとなると、辻褄が合わなかったり、言葉足らずだったりして、今一つしっくりこないんである。「点と点が結ばれず、線になっていない」とでも言おうか。

さらに、歌詞をよく読むと、1番と2番では、使っている単語や表現こそ違えど、シチュエーションにさしたる変化は無く、単なる繰言に過ぎない事も判り、フィーリングだけは伝わるものの、一体何をしたいのかがよく判らない歌詞なのだ。

この作品、有希子にとっては、あらゆる面でステップアップとなった作品であるが、歌詞の中途半端さで損をした。
「卒業パーティーで、愛する人と結ばれる」という設定は、非常に珍しかっただけに、その主題にこだわって、もっと歌詞にストーリー性を持たせたら、面白い作品になったであろう。

J-POP系の”卒業ソング”といえば、等身大な内容だったり、「卒業」「グラジュエーション」等、ストレートでベタなタイトルばかりなので、この作品がもっと設定にこだわれば、異色の”卒業ソング”としても注目を集めたかもしれない。こういうロマンチックな卒業ソングがあってもイイと思うのだが。
ただ、この作詞こそ、竹内まりやに任せるべきでは無かったか?

まりやだったら、学生気分になぞらえながら、卒業のシチュエーションを存分に生かして、美しいセレモニーが繰り広げられただろう。もっとも、尾崎とまりやの共作なんて実現不可能だろうが。(2000.6.16)

 HAGGYの台所

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました