70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

藤村美樹『夢・恋・人』

藤村美樹『夢・恋・人』
発売日 1983.02.01
作詞 松本隆
作曲 細野晴臣
編曲 細野晴臣

相変わらずコンピCDを作っては楽しんでますが、そんなDISCにセレクトした曲からご紹介。
今回は藤村美樹のソロデビュー曲『夢・恋・人』です。
S58年2月1日リリース。オリコン最高位13位、売上16.0万枚。

作詞は松本隆。もう聖子も手掛けてるこの時期の怖いもの無しな幻想物。
植物、光物、謎かけに魔法…そして対比法まで、ありとあらゆる松本ワールドが炸裂。内容は“こんなん出来ましたけど”って感じ。
ちなみにカネボウの春のキャンペーンタイアップ付きです♪あぁ夢恋人~。

作曲は商業POPSでも大活躍の細野晴臣。S58年は聖子に明菜に書き捲り。
ラインとしてはマイナーでアッパーなテクノ歌謡。この流れは「禁区」に続きます。
ONコードを遣ったAメロに、下から持ち上がるBメロ、ヒステリックに爆発するサビとアゲな構成。全体的におどろおどろしい雰囲気が漂ってます。

アレンジも細野本人。ポコポコしたベースにテケテケしたカッティング。
後の船山基紀が見せるデジタルな重量感とは対照的な軽さというか、独特の透明感のある煌びやかなサウンド。リズム隊の音も懐かしいです。

ボーカルは元キャンディーズの実力派。上手過ぎてソロが少なかったんだと^^;。
確かにこのサウンドとの相性は微妙かも。肉感的で情念こもったボーカル。
ゆらぎ系のビブラートもドライブさせてるし。ちょっと浮いてます。

ただね、このコラボレーション意外でしょ、どうよ!っていう意気込みが凄く伝わるし、何とも言えない借り物&やらされ感が堪らなく素敵です。
結局このシングルで消えてしまいましたが、本人のやる気はどうだったんでしょ?。アルバムは未聴なんだけどちょっと興味あります。(2004.09.19)

 heaven and earth
 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました