70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

Billboardの歩み 1966年

Billboardの歩み 1966年
コメント

1966年 週間1位

※通し番号.曲名 邦題/アーティスト/No.1の日付(No.1の週数)/年間順位
  1. The Sounds of Silence/Simon & Garfunkel/66.01.01/1/54位
  2. We Can Work It Out 恋を抱きしめよう/the Beatles/66.01.08-29/4/16位
  3. My Love/Petula Clark/66.02.05-12/2/22位
  4. Lightnin’ Strikes 恋のひらめき/Lou Christie/66.02.19/1/23位
  5. These Boots Are Made for Walkin’ にくい貴方/Nancy Sinatra/66.02.26/1/13位
  6. The Ballad of the Green Berets 悲しき戦場/Ssgt. Barry Sadler/66.03.05-04.02/5/1位
  7. (You’re My) Soul and Inspiration/the Righteous Brothers/66.04.09-23/3/3位
  8. Good Lovin’/the Young Rascals/66.04.30/1/17位
  9. Monday, Monday/the Mamas & the Papas/66.05.07-21/3/7位
  10. When a Man Loves a Woman 男が女を愛する時/Percy Sledge/66.05.28-06.04/2/20位
  11. Paint It Black 黒くぬれ!/the Rollling Stones/66.06.11-18/2/21位
  12. Paperback Writer/the Beatles/66.06.25/1/28位
  13. Strangers in the Night 夜のストレンジャー/Frank Sinatra/66.07.02-09/2/15位
  14. Hanky Panky/Tommy James & the Shondells/66.07.16-23/2/19位
  15. Wild Thing 恋はワイルド・シング/the Troggs/66.07.30-08.06/2/24位
  16. Summer in the City/the Lovin’ Spoonful/66.08.13-27/3/11位
  17. Sunshine Superman/Donovan/66.09.03/1/26位
  18. You Can’t Hurry Love 恋はあせらず/the Supremes/66.09.10-17/2/8位
  19. Cherish/the Association/66.09.24-10.08/3/2位
  20. Reach Out, I’ll Be There/the Four Tops/66.10.15-22/2/4位
  21. 96 Tears 96つぶの涙/? & the Mysterians/66.10.29/1/5位
  22. Last Train to Clarksville 恋の終列車/the Monkees/66.11.05/1/6位
  23. Poor Side of Town 僕等の街/Johnny Rivers/66.11.12/1/9位
  24. You Keep Me Hangin’ On 恋はおしまい/the Supremes/66.11.19-26/2/30位
  25. Winchester Cathedral ウィンチェスターの鐘/the New Vaudeville Band/66.12.03/1/18位
  26. Good Vibrations/the Beach Boys/66.12.10-24/3/33位
  27. I’m a Believer(恋に生きよう)/the Monkees/66.12.31-67.01.28/5/5位 of 1967

1966年 年間TOP10

  • 10位.California Dreamin’ 夢のカリフォルニア/the Mamas and the Papas(最高4位)

1966年の1位曲数が27曲というのは、ここまでの11年で初めてのことで、この後はまた「エントリー(入賞数)」が減るので、この記録は1974年まで破られません。

またこの年は、4位以内に入ったエントリ数も60曲あり、やはり1974年まで破られません。 なぜエントリーが多かったか? 実は次の1967年には18曲に急に減るので、原因はよく分かりません。

この年、年間に2曲のNo.1曲を送り込んだのは、ビートルズ(恋を抱きしめよう、Paperback Writer)、シュープリームス(恋はあせらず、恋はおしまい)、モンキーズ(恋の終列車、I’m a Believer)の3グループだけです(3曲以上はなし)。

逆に「一発屋 one-hit wonder」が多かった年でもあります。
Lou Christie、Barry Sadler、Percy Sledge、Troggs、? & the Mysterians、New Vaudeville Band、の5アーティストは上記曲以外にはNo.4以内の入賞がありませんし、Nancy Sinatra と Lovin’ Spoonful はあと1回あるだけです。

この年の私的五つ星は、The Sounds of Silence/Simon & Garfunkel、夜のストレンジャー/Frank Sinatra、I’m a Believer/モンキーズ、それに4位曲の夢のカリフォルニア/ママス&パパス、の4曲あるのですが、”この1曲”は、The Sounds of Silence。

Simon & Garfunkel discography on the Billboard Hot 100

サイモンとガーファンクルは、3曲の1位曲と8曲の10内入賞、17曲の100位内がありますが、この曲が最初の入賞曲です。

  • The Sound of Silence/66.01.01 (最高1位)
  • Homeward Bound/66.03.26 (最高5位)
  • I Am a Rock/66.06.11 (最高3位)
  • The Dangling Conversation/66.09.03 (最高25位)
  • A Hazy Shade of Winter/66.12.10 (最高13位)
  • At the Zoo/67.04.22 (最高16位)
  • Fakin’ It/67.08.26 (最高23位)
  • Scarborough Fair (/Canticle)/68.04.20 (最高11位)
  • Mrs. Robinson/68.06.01 (最高1位)
  • The Boxer/69.05.17 (最高7位)
  • Bridge over Troubled Water/70.02.28 (最高1位)
  • Cecilia/70.05.30 (最高4位)
  • El Condor Pasa (If I Could)/70.10.31 (最高18位)
  • For Emily, Whenever I May Find Her/72.10.07 (最高53位)
  • America/72.11.25 (最高97位)
  • My Little Town/75.12.13 (最高9位)
  • Wake Up Little Susie/82.05.29 (最高27位)

@阿修羅掲示板




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました