70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

Billboardの歩み 1965年

Billboardの歩み 1965年
コメント

1965年 週間1位

※通し番号.曲名 邦題/アーティスト/No.1の日付(No.1の週数)/年間順位
  1. Downtown 恋のダウンタウン/Petula Clark/65.01.23-30/2/6位
  2. You’ve Lost that Lovin’ Feelin’ フラレた気持/the Righteous Brothers/65.02.06-13/2/5位
  3. This Diamond Ring 恋のダイアモンド・リング/Gary Lewis & the Playboys/65.02.20-27/2/17位
  4. My Girl/the Temptations/65.03.06/1/10位
  5. Eight Days a Week/the Beatles/65.03.13-20/2/55位
  6. Stop! in the Name of Love/the Supremes/65.03.27-04.03/2/20位
  7. I’m Telling You Now 好きなんだ/Freddie & the Dreamers/65.04.10-17/2/42位
  8. The Game of Love/Wayne Fontana & the Mindbenders/65.04.24/1/34位
  9. Mrs. Brown You’ve Got a Lovely Daughter ミセス・ブラウンのお嬢さん/Herman’s Hermits/65.05.01-15/3/19位
  10. Ticket to Ride 涙の乗車券/the Beatles/65.05.22/1/31位
  11. Help Me Rhonda/the Beach Boys/65.05.29-06.05/2/11位
  12. Back in My Arms Again 涙のお願い/the Supremes/65.06.12/1/37位
  13. I Can’t Help Myself/the Four Tops/65.06.19/1/2位
  14. Mr. Tambourine Man/the Byrds/65.06.26-07.03/2/25位
  15. (I Can’t Get No) Satisfaction/the Rolling Stones/65.07.10-31/4/3位
  16. I’m Henry VIII, I Am ヘンリー8世君/Herman’s Hermits/65.08.07/1/46位
  17. I Got You Babe/Sonny & Cher/65.08.14-28/3/16位
  18. Help!/the Beatles/65.09.04-18/3/7位
  19. Eve of Destruction 明日なき世界/Barry McGuire/65.09.25/1/29位
  20. Hang on Sloopy/the Mccoys/65.10.02/1/30位
  21. Yesterday/the Beatles/65.10.09-30/4
  22. Get Off of My Cloud ひとりぼっちの世界/the Rolling Stones/65.11.06-13/2
  23. I Hear a Symphony ひとりぼっちのシンフォニー/the Supremes/65.11.20-27/2
  24. Turn! Turn! Turn! (to Everything There Is a Season)/the Byrds/65.12.04-18/3
  25. Over and Over/Dave Clark Five/65.12.25/1

1965年 年間TOP10

  • 1位.Wooly Bully/Sam the Sham & the Pharaohs (最高2位)
  • 4位.You Were on My Mind 恋がいっぱい/We Five (最高3位)
  • 8位.Can’t You Hear My Heartbeat ハートがドキドキ/Herman’s Hermits (最高2位)
  • 9位.Crying In The Chapel 涙のチャペル/Elvis Presley (最高3位)

少しだけ表記を変え、年間順位を100位まで記すことにしました。

少し落ち着いたとは言え、この年もビートルズが強く、5曲が1位に。

シュープリームスは前年に「愛はどこへ行ったの?」「ベイビー・ラブ」「カム・シー・アバウト・ミー」の3曲が1位でしたが、この年も「ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ」「涙のお願い」「ひとりぼっちのシンフォニー」の3曲が1位になり、絶好調。

ローリング・ストーンズが「サティスファクション」でブレイクし、続いて「ひとりぼっちの世界」も1位。 その後の活躍については言うまでもありません。

テンプテーションズの最初のNo.1ヒットが「マイ・ガール」です。
その後、散発的に計4曲しか1位になっていませんが、デヴィッド・ラフィン、エディ・ケンドリックス、スモーキー・ロビンソンと云った偉大なアーティストが所属していました。

よく分かんないのが、ハーマンズ・ハーミッツ。
元はイギリスのグループなんですけど、ビートルズにあやかって?全米進出。当時は凄い人気だったらしい。
またそれにあやかったのがモンキーズってことになるかな。
一番良いのは67年の「見つめあう恋」だと思うんですが、最高4位止まりでした。

バーズはボブ・ディラン作詞作曲の「ミスター・タンブリン・マン」、ピート・シーガー作曲の「ターン・ターン・ターン」の2曲が1位になりましたが、それで終わり……「フォークロック」は続きませんでした。

さて、この年のオススメは、ペトゥラ・クラークの「恋のダウンタウン」です。
ペトゥラ・クラークにはもう1曲のNo.1ヒット「マイ・ラブ」(1966年)があり、それも好きですが、これを選んだ理由は、”ロックダウンなんて吹き飛ばせ”という私の思いを込めてです(笑)
つまり曲想は、シュガーベイブ/EPOの『DOWN TOWN』と同じ、ダウンタウンに繰り出そう!!

@阿修羅掲示板




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました