70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

奥村チヨ『恋の奴隷』

奥村チヨ『恋の奴隷』
発売日 1969.06.01
作詞 なかにし礼
作曲 鈴木邦彦
編曲 川口真

洗練されたサウンドと、屈折した官能の見事な融合

「北国の青い空」で久々にヒットを放った奥村チヨであるが、コレ以降、「涙いろの恋」(オリコン21位/11.3万枚)の小ヒットはあったものの、チャート上では再び低迷。
当時の歌謡曲歌手の慣例からすれば、一旦大ヒットを放てば、しばらくは余勢でヒットが続くものなのに、奥村の場合は例外的で、ホントにその後が鳴かず飛ばずだった。

で、「北国の~」から2年経って、三たび飛ばした大ヒットがこの「恋の奴隷」(オリコン2位/52万枚)であるが、以降は順当にヒット連発して、ようやくトップ歌手の仲間入りを果たした。
これまではヒット曲の出来の良さや歌唱力に頼りすぎて、キャラクターが固められなかった嫌いがあったが(と思う。リアルタイムで”チヨ体験”していないので、断言し難いが)、「恋の~」により、ようやく奥村の個性が全面開花したということであろう。

その個性を一言で表現すれば「コケティッシュ爆弾」((C)みうらじゅん)であるが、やはり、カラーTV全盛を向かえた当時、歌手と言えどもプロモーション戦略はイメージ重視で、ピンでキャラが立たなければ今後の展開はままならなかったのでは?弘田三枝子にしたって、それ故にビジュアルを”改造”したんだろうし。

実際、後の楽曲は「恋の~」と同様の路線で当たりをとってるわけだし。
そんな奥村にとっては新たな鉱脈となった「恋の奴隷」であるが、確かに強烈な個性を有する楽曲に仕上がった。

大雑把な曲構成は「A→B→C」で、全編マイナー調。
おそらく詩先で制作されたと思うが、言葉の嵌めこみが上手くて非常にノリ易い。
旋律自体も覚えやすくてキャッチーだし、「北国の~」と比べれば明らかに歌唱向けの曲である。
これまでに無く”売れセン”な歌謡曲調メロディで、どちらかと言えば洋楽志向だった従来路線をかなぐり捨てて、真っ向から勝負に挑んだ感がある。でも、ドメスティックではあるが、さほど下品な感じはしない。

アレンジは、ジャジーな楽器編成で独特のシンコペーションを刻み、これにサックス・ストリングス・ピアノ等が適宜被さる按配。

主旋律と同じメロを奏でる間奏部分や、適当に終わらせた風情のエンディング等は垢抜けない気もするが、全体としてはクール・ジャズ風のサウンドで、ドメスティックな曲とは対照的に、非常に都会的で洗練された印象。

サウンドだけでも相当ハイレベルであるが、最も優れているのは歌詞だろう。
主題は「隷属してまで彼氏に愛されたい」と願う女心。

♪あなたの膝に絡みつく 子犬のように~ ♪だからいつもそばに置いてね 邪魔しないから 悪い時はどうぞぶってね~  ♪右と言われりゃ右向いて とても幸せ~
♪あなただけに言われたいの 可愛いやつと 好きなように私を変えて~

NHKでは放送禁止の憂き目に遭ったという、当時としてはインモラルなエグい内容ながらも、どこか文学的香気が漂い、凄く深みのある歌詞だと思う
判りやすい言葉で屈折した心理を余すところ無く表現しているうえに、歌詞がメロディにキッチリ嵌まっているのだから文句無しだ。それにしても、「夜と朝のあいだに」等、なかにし礼の”犬観”は独特。
なかにしにとって、犬は隷属のシンボルなのか?その辺の”犬観”を考えると、より一層エグ味が増す気がする。

この作品、キャッチーな曲・洗練されたアレンジ・画期的な主題と、全ての面で水準の高い、高品質な作品である。それらに加えて、奥村が主題の屈折した官能を、歌唱で上手く表現してると思う。
「北国の~」同様、普通には歌っていないものの、「北国の~」ではビブラート多用しまくりの”泣き節”唱法だったのに対し、こちらは小唄調。

しかし、よく聴くと、要所要所で鼻にかけたり、吐息交じりで粘着質だったり、Bメロではカンツォーネ風に高らかに歌い上げたりと、いろんなテクニックを駆使しているのが判る。
奥村と言えば、「30年前と寸分違わぬスリーサイズ」とか、先述の「コケティッシュ爆弾」といった、フェロモン要素ばかりが話題になるが、実は相当に歌唱力・表現力に長けた人だと思う。同時期に活躍した、弘田三枝子・由紀さおり等と、充分に張り合えるレベルなのでは?
要するに、実力者として語られる事があまり無いわけであるが、それだけ「恋の~」で確立されたキャラが強烈だったという事だろう。

でも、そのおかげで、奥村も大人の歌手として脱皮できたし(ですよね?)、約20年の時を経てカルトな再評価までされたのだから、やはりフェロモン路線は正解であった。「くやしいけれど幸せよ」レベルまでフェロモン歌唱が過剰になると、聴いててちょっと笑えるけど。やりすぎ。(2000.8.12)

 HAGGYの台所
 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました