70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

奥田圭子『夢ください-知・的・優・遊-』

奥田圭子『夢ください-知・的・優・遊-』
発売日 1985.02.21
作詞 鈴井みのり
作曲 玉置浩二
編曲 奥慶一

綺麗なお姉さん風に女優としても活動していた奥田圭子のデビュー曲「夢ください-知・的・優・遊-」をご紹介します(オリコン最高32位、売上6.6万枚)。賞レースでも歌いつづけた渋いヒット曲です。3rd.シングル「プラスティック」はBOφWYの氷室+布袋が作・編曲した、って事でも有名。

作詞は鈴井みのり。すいませんこの人何者だかわかりません。内容はといえば、あなたを前にあれこれ揺れ動く女性の気持ちを綴っています。一緒に居るのは確かだけれど、“夢”は叶ったのか叶わないのか。一応後者のようですが、結構気分で描かれている情景です。あまりアイドルのデビュー曲風ではないけれど、彼女の雰囲気には似合った世界だと思います。

作曲は玉置浩二。結構アップテンポな8ビート。この曲も細かい譜割の無い初心者向け。構成はA-B-C-C”。元々ストレートな作風だけに淡々とサビまで進みます。面白いのはサビ。コーラスではなく本人が掛け合いする所。生でも一人で掛け合ってました。低音を這いつくばった後、段々高く抜けて行くという、珍しい印象を与えます。

アレンジは奥慶一。この人のデジアナ感も独特のものがあります。リズム隊やバッキングのシンセはもろ打ち込み。ただ後ろで刻むアコースティックギターや間奏でのギターソロでは生音たっぷりです。全体の音色的にオリエンタルな雰囲気を漂わせています。オブリガードが印象的だし、サビのバックで8分音符でポコポコ鈍く響く音なんかグルグルしてきます。

ボーカルは割と高めに響く子供声。ちょっと平べったい棒声とも言えるかも。凄い上手くなった武田久美子を高くした感じとでもいいましょうか。ド下手ではないけれど、なんとも言えない不安定さが表目に作用している気がします。歌手2年目からしょぼくなってしまいましたが、順調に行けば面白い作品をリリースしてたかも。(from『クレッシェンド』)

 heaven and earth

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました