70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

飯野おさみ

コメント

分類歴代ソロ

いいのおさみ。1946年8月23日生まれ(76歳)、愛知県渥美郡(現・田原市)出身、東京都渋谷区幡ヶ谷育ち。
本名:飯野修實(読み同じ)。1974年には「飯野修実」名義で活動。「劇団四季」所属。
元「初代ジャニーズ」のメンバー。愛称:オチャミ、チャミ、イノちん。
生年月日を公表しているジャニーズ事務所在籍経験者(タレント)の中では、最も早く生まれた人物。

[関連ソロ・ユニット]

1962年4月、アイドルグループ「ジャニーズ」を結成。1964年11月5日にレコードデビュー。
1967年12月31日、ジャニーズが解散。同時にジャニーズ事務所からも退所した。

その後は渡辺プロダクションに移籍し、1968年8月、木の実ナナとのデュオ「ナナとおさみ」で再レコードデビュー。

1970年よりアメリカのロサンゼルスに留学し、毎日4つのレッスンを受けてミュージカルを学ぶ。1971年4月1日から1972年1月10日まで、ダンスのインストラクターも務めた。

1972年に帰国。同年に劇団四季のミュージカル『アプローズ』のオーディションに合格し、同劇団に入団。ミュージカル俳優へと転向した。この『アプローズ』で共演した雪村いづみと恋仲になり、同棲生活を送っていた時期もあったが、後に劇団四季の元女優・末次美紗緒と結婚。子供を2人もうけるものの、その後離婚し、一般女性と再婚した。

1974年には「飯野修実」名義で『ワンツー・どん』(1974年5月1日 – 1975年3月12日、NHK教育、小学校1年生向けの学校放送、教科:音楽)歌のお兄さんとして出演。途中から「飯野おさみ」名義に変更。

1976年7月19日、フジテレビ『夜のヒットスタジオ』にて、あおい輝彦が『あなただけを』を歌う際、中谷良と共に応援ゲストとして駆けつけた。そして3人で即興で、ジャニーズのヒット曲『太陽のあいつ』をワンコーラスだけ披露した。

長女は「劇団四季研究所」出身のタレント・飯野めぐみ(本名:飯野愛。1980年4月1日生まれ(42歳)。愛称:いいめぐ)。次女は「劇団四季」出身の歌手で、バンド「AWA」のメンバー、更に日本エステティック協会認定エステティシャン、メイクアップアドバイザーでもある飯野あゆみ(1982年7月31日生まれ(40歳)いずれも末次美沙緒との間にもうけた子供。
飯野めぐみは2017年5月~6月の舞台『パレード』にて岡本健一、2019年2月17日放送の単発ドラマ『棟居刑事の黒い絆』では東山紀之と共演している。

飯野おさみの人生はミュージカル!




歴代ソロ

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました