70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

日高のり子『もう一度・ブラックコーヒー』

もう一度・ブラックコーヒー

今回ご紹介するのはANNの“がけっぷちトリオ”から人気声優として華麗なる転身した日高のり子の『もう一度・ブラックコーヒー』です(オリコンTOP100チャートインせず)。から日高のり子名義でリリースされた2nd.シングルでレッツヤンSONGだったと思います。

作詞は亜蘭知子・奈良大門。亜蘭知子はS55(1980)年三原順子で当てて以来、倉田まり子などにも書いて活躍してました。共作となっていますが、どう言う振り分けなのかわかりません。好きな人との別れた後の空虚な気持ちを描いています。
でも“私のせいよ”って割には理由がはっきりしませんけど。臆病過ぎたという辺りから汲み取るしかないです。どうしても“ブラックコーヒー”て言葉を使いたくて出来上がった感が否めません。

作曲は長門大幸。ということは、とてもビーイングな作品なわけです。メロディー自体はマイナーな8ビートで、頭サビから始まるキャッチーな歌謡曲。これだけリフが続くと嫌でも覚えます。Aメロはオールディーズな感じ。せつせつを歌い上げるBメロはまったりとしながらも訴えかけてきます。

アレンジは入江純。この人僕の印象では時々薄っぺらなアレンジするんですけど。TVで記憶していたサウンドよりディスクで聞く方がチープでちょっと驚き。もうちょっと煌き感とか華やかさが備わっていたら、サビのグルグルがもっと引き立ったのでは?。

日高のり子はその後声優として大活躍するわけですが、この当時も少女声ですが、デビューして間も無いせいか、けっこう図太く硬質な感じのボーカルです。安定感は有ります。で細やかなビブラート系。ただハイティーンであることを考えると多少アンバランスかも。

元アイドル→人気声優として大ブレイクというのは他に例を見ないので(転身した人はたくさんいますけど)、売れなかった頃を知る人には嬉しかったことでしょう。(from『お宝ソングブック』)

 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました