70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

戦前SPレーベル

戦前SPレーベル
コメント

音楽ソフトというものは変遷を繰り返しているが、昭和の時代はレコードが主流であった。後半期はレコードといえばEP(Extended Play、シングルのドーナツ盤、45回転)、LP(Long Play、アルバム、33回転)を指したが、前半期にはそれらより大きいSP(Standard Play、78回転)を指した。

ここでは戦前のSP盤のレーベル分類紹介を掲載する。「赤盤」「スダレ盤」「キンポリ」など特異な用語が何を指すのか、概要を記した。
なお、流行歌に限った分類なので、落語や浪曲、クラシックなどは扱っていない。

戦前5大レーベル

ビクター(昭和3年~19年)

黒盤
昭和3年から15年まで主流(昭和3年~15年)
赤盤
いわゆる芸術的歌曲など(昭和3年~15年)
A盤
当初は愛国行進曲だったが、昭和15年から主流(昭和12年~19年)
X盤
傷兵保護院選定曲など(昭和13年~14年)
Z盤
一部の流行歌を分類(昭和15年)
A8000番盤
再発ものなど(昭和16年)
A4800番盤
唱歌や教育歌など(昭和17年)

コロムビア(昭和3年~20年)

黒盤
昭和3年から15年まで主流(昭和3年~17年)
青盤
いわゆる芸術的歌曲など(昭和3年~18年)
白盤
国歌、政府選定などの国策歌(昭和5年~14年)
茶盤
長崎市歌など(昭和9年)
教育盤
椰子の実など(昭和13年~14年)
産業向盤
国民歌謡など(昭和15年~20年)
赤盤
異称「スダレ」(レーベル部分にスダレの様な縦線模様)、昭和15年から主流(昭和15年~20年)

ポリドール(昭和5年~18年)

黒盤
昭和5年から15年まで主流、13年より写真盤(昭和5年~15年)
S盤
松竹映画主題歌(昭和6年~9年)
緑盤
「大衆盤」、廉価であった(昭和7年~9年)
赤盤
唱歌、歌曲など(昭和8年)
茶盤
実況放送、国防婦人会などの歌(昭和11年~12年)
6000番盤
愛国行進曲(昭和13年)
8000番盤
唱歌など(昭和13年)
特別盤
再発の東海林太郎傑作選(昭和13年)
9000番盤
国民歌謡(昭和14年)
P盤
昭和15年から主流、15年は写真盤(昭和15年~18年)

テイチク(昭和7年~20年)

黒盤
昭和7年~9年、11年~13年に主流(昭和7年~16年)
青盤
一部の流行歌を分類(昭和7年~8年)
緑盤
一部の流行歌を分類(昭和9年~10年)
宣伝盤
昭和9年
普及大衆盤
廉価盤のこと(昭和9年~13年)
赤盤
昭和10年、11年に主流(昭和10年~11年)
N盤
一部の流行歌を分類(昭和12年~14年)
A盤
昭和14、15年に主流(昭和14年~15年)
T盤
昭和15~18年に主流(昭和15年~18年)
X盤
国民歌謡、唱歌など(昭和15年~20年)

キング(昭和6年~20年)

紫盤
異称「キンポリ」(昭和6年1月の最初期は独自のレコード設備を持たず、日本ポリドールに製造、販売を委託。ポリドールの商標が記されている、キングポリドール[キンポリ]盤)、昭和6年~11年に主流(昭和6年~11年)
群青盤
昭和11年~18年に主流(昭和11年~18年)
特別盤
出征兵士を送る歌(昭和14年~15年)
と盤
昭和18年~20年に主流(昭和18年~20年)
に盤
少国民海の歌など(昭和18年)
N盤
防諜関係の歌(昭和18年)

戦前マイナーレーベル

ニットー(昭和3年~12年)

※タイヘイに吸収、ツバメ印のマーク
黒盤
昭和10年のタイヘイ合併時までの主流(昭和3年~10年)
赤盤
いわゆる芸術的歌曲など(昭和10年)
紫盤
一部の流行歌を分類(昭和10年~11年)
青盤
一部の流行歌を分類(昭和11年)
大衆S盤
タイヘイ合併後の主流(昭和11年~12年)
WS盤
一部の流行歌を分類(昭和11年)

タイヘイ(昭和6年~16年)

黒盤
昭和8年から異称「貝星」、9年まで主流、13年から異称「燕」で主流(昭和6年~14年)
紫盤
一部の流行歌を分類(昭和6年)
赤盤
異称「貝星」は11年まで主流、異称「WS」は11、12年の主流(昭和10年~13年)
謝恩宣伝盤
昭和10年
E盤
愛国行進曲(昭和13年)
R盤
昭和14、15年の主流(昭和14年~15年)
G盤
昭和15年の主流(昭和15年)
30000番盤
昭和16年の主流(昭和16年)

その他レーベル

オリエントレコード
コロムビアの傘下レーベル、合併してリーガル(昭和3年~7年)
オリエントレコード
コロムビアの傘下レーベル、合併してリーガル(昭和3年~7年)
ヒコーキレコード
コロムビアの傘下レーベル、合併してリーガル(昭和4年~7年)
リーガルレコード
コロムビアの傘下レーベル(昭和7年~15年)
コロナレコード
ポリドールの傘下レーベル(昭和12年)
オデオンレコード
昭和5年~6年
パルロフォンレコード
昭和6年~8年
クリスタルレコード
昭和10年
ミリオンレコード
昭和12年
スターレコード
昭和12年~13年

戦前ローカルレーベル

アサヒ蓄音器商会(名古屋)

ツルレコード
赤盤(昭和2年~6年)、紺盤(昭和5年~9年)、紅盤(昭和9年~10年)
ルモンドレコード
昭和10年、再発もの
サロンレコード
昭和10年、再発もの
サンデーレコード
昭和10年、再発もの
アサヒレコード
昭和12~14年

昭和レコード製作所→昭蓄レコード(京都)

ショーワレコード
昭和4年~8年
ショーチクレコード
昭和8年~15年
ホオコクレコード
 
センターレコード
昭和10年

福永レコードプロダクション(京都)

エトワールレコード
昭和9年~11年
テレフンケンレコード
 
グラマホンレコード
 

太陽蓄音器→東京レコード製作所(東京)

太陽レコード
昭和7年~9年
ニュー太陽レコード
昭和9年
弥生レコード
昭和10年

国歌レコード製作所(大阪)

コッカレコード
昭和3年~14年
インチェスレコード
 
ホームランレコード
再発もの、昭和7年~8年

ニッポンレコード合資会社(東京)

※オーゴンレコードに吸収
トンボレコード
昭和3年~10年
ニッポンレコード
昭和7年、鳳凰マーク

日本蓄音器商会

※コロムビアに吸収
ニッポノホンレコード
昭和2年~4年、鷲マーク
イーグルレコード
昭和5年~8年

ニッポン蓄音器

ニッポンレコード
昭和13年

太平蓄音器(兵庫)

キリンレコード
タイヘイの再発多い

その他レーベル

スタンダード蓄音器
奈良、昭和6年~10年、昭和9年にテイチクに吸収
フクスケレコード
昭和8年~9年、テイチクの傘下レーベル
エヂソンレコード
東京、昭和10年~12年
ホクチクレコード
昭和7年




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました