70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

昭和流行歌通史

昭和流行歌通史
コメント

画像出典:Wikimedia Commons

明治、大正時代に全国的なレコード流行歌というものは存在しない。敢えて流行歌の雛型を求めるとするなら、明治の頃の書生節であるが、これは堅苦しくて一般向きではなかった。しかしこれにバイオリンという楽器を加えた事で、日露戦争後、演歌師ブームが起こった。いわゆる自由民権運動くずれとも言うべき演歌師は替え歌で世相を風刺し、歌というよりもニュースの伝達がその主な目的であり、歌本を売る事で生計を立てていた。

大正年間に入ると楽器が安くなったが、当時はまだ蓄音器も高価でレコード自体が親しまれておらず、楽譜から流行する歌が生まれるようになる。大正3年、中山晋平の手による「カチューシャの唄」は、それまでのこうした演歌の流れを断ち切る西洋的なメロディラインを導入した画期的な流行歌の先駆ともいうべき作品で、劇中歌ながら広く噂の的になった。これらの歌を歌った松井須磨子、あるいは関東大震災まで存在していた浅草オペラの田谷力三などが、後年のスター歌手の先駆とも言えるだろうか。
大正10年には「船頭小唄」が爆発的にヒット。野口雨情が口ずさんだものを中山晋平が採譜したこの歌は、自らの代表作に加えなかった事でも知られる。そして昭和に入り、大手のレーベルが日本に続々と誕生、蓄音器のスピーカーを表に出してレコードをかけるようになって流行歌が生まれた。いわゆる演歌や演歌師は、昭和に入って数年で全滅する運命にあった。

昭和の初期になって日本にレコード産業が発展したのは、関東大震災後の経済復興に際して奢侈品に高関税をかける事になり、輸入レコードが対象となったためである。それまで脆弱な基盤にあった国産レコード会社を駆逐したのが、海外資本のレコード会社の日本進出であった。昭和3年の日本ビクターの設立に続いて、日本コロムビア、ポリドールと相次いで大手のレコード会社が設立され、流行歌はレコードを媒介に人々の間へと広まるようになった。
こうしたレコード産業の隆盛は、それまで主流であった演歌師を数年のうちに絶滅させてしまったほどであった。初期の歌には作曲が間に合わず、既成の曲と外国曲に邦訳の詩で売り出されたものも多かった。

当時、流行歌の発展に最も寄与したのが、作曲家の中山晋平である。それまで替え歌か俗謡が主流であった世界に、洋風のメロディラインを導入した新しい流行歌のジャンルを確立したのである。中山晋平の作品は「晋平節」として歌謡界を席巻した。作詞家としては、詩人の西条八十の存在が大きかった。
この頃の歌手は、藤原義江、佐藤千夜子をはじめとして、藤山一郎、淡谷のり子に至るまで、ほとんどがクラシック畑の出身であった。他には藤本二三吉などの芸者歌手も多くみられた。
昭和3年、日本初の商業レコードとして佐藤千夜子の「波浮の港」が発売、翌昭和4年には、佐藤千夜子の「東京行進曲」が一大ヒットとなり、世間一般にフォックストロットを基調にしたいわゆる流行歌が浸透する事となった。初期の頃は、二村定一らの歌う「アラビアの唄」などのジャズ調の流行歌も隆盛であった。

昭和6年、作曲家の古賀政男による「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」の2曲が、藤山一郎の歌によって大ヒット。翌昭和7年には、同じく古賀政男、藤山一郎コンビの「影を慕いて」が爆発的なヒットとなり、ポスト晋平節として、古賀メロディがもてはやされるようになる。
昭和8年には「島の娘」「東京音頭」の大ヒットを出した小唄勝太郎と、「天龍下れば」などで人気を博した市丸の2人の芸者歌手による市勝時代が幕を開けた。そして昭和9年、東海林太郎が「赤城の子守唄」「国境の町」などでスターダムにのしあがった。

日本のレコード界は、ビクター、コロムビア、ポリドールに続いて、古賀政男を重役に迎えたテイチク(帝国蓄音機商会)、講談社資本のキングが加わり、5大大手の寡占状態に突入した。ヒットメーカーの古賀政男は、藤山一郎、楠木繁夫、ディック・ミネ、美ち奴などを擁して、弱小レーベルだったテイチクを大企業に躍進させる事に成功した。
この頃のトップクラスのヒットを連発する歌手としては、藤山一郎と東海林太郎が挙げられる。藤山一郎はフォックストロット、東海林太郎は日本調の歌を得意とした。昭和11年、渡辺はま子の「忘れちゃいやヨ」が大ヒットしたが、扇情的な内容に発禁処分となる。同年、藤山一郎の「東京ラプソディ」もヒットした。

昭和12年には、淡谷のり子の「別れのブルース」、上原敏のデュエット曲「裏町人生」、そして軍歌の「露営の歌」などがヒットする。
昭和13年、古賀政男がテイチクを退社。同年、映画「愛染かつら」の主題歌「旅の夜風」が霧島昇とミス・コロムビアのデュエットによりヒットした。次第に流行歌の世界にも軍国調の歌が多くなって来るのも、この頃からであった。軍国調でなくとも、大陸を舞台にした作品も激増してくる。昭和15年には、戦地からの逆輸入のヒットとして、霧島昇の「誰か故郷を想わざる」がヒット。また、高峰三枝子の「湖畔の宿」もヒットした。

昭和16年に入ると、歌謡曲も戦時色一色となってゆき、歌手達も戦地への慰問に赴く事が多くなって来る。中には上原敏のように、戦地に赴いたまま二度と帰らなかった者もいた。
そんな中、満州からの映画スターとして、李香蘭が歌手デビュー。実は彼女は日本人なのだが、まさに当時の時局を反映したスターであった。この頃、灰田勝彦などがリリシズムに溢れた歌をリリースしていたが、本格的にヒットするのは戦後の事である。同じ灰田勝彦でも「加藤部隊歌」、あるいは霧島昇などによる「若鷲の歌」、さらには軍隊内では「同期の桜」などの軍歌が多く歌われた。戦時下では、歌手も改名を余儀なくされ、ディック・ミネなどは三根耕一に、レーベル名も、コロムビアは日蓄、ビクターは勝鬨、ポリドールは大東亜、テイチクは帝蓄、キングは富士となった。
軍歌全盛の時代でもあり、男性的な歌唱の歌手として伊藤久男などが、曲も勇ましい曲を作れる古関裕而などが重用され、淡谷のり子、ディック・ミネなど音質的に軍歌の合わない歌手、服部良一など軍歌の不得手な作曲家は不遇をかこった。昭和20年、空襲でほとんどのレコード会社の生産ラインは停止。ビクターなどは戦後、コロムビアの工場を借りて一時期、レコードをプレスした程であった。

昭和21年、米軍兵士から幻燈の影法師と評されるほどに打ちひしがれた敗戦国民の胸に、一点の灯火を灯したのは焼跡に流れた「リンゴの唄」であった。不況と荒廃による暗い世相と、民主主義が導入された解放感の奇妙なコントラストの中、流行歌もそれまでになかった新しいジャンルの音楽を次々に取り入れる試みに成功する。
戦後、花開いた作曲家は服部良一である。戦前から洋風の曲を得意とし、戦時下は不遇であった服部良一は、戦後を代表するような曲を次々に世に出した。当時の人気歌手には、「憧れのハワイ航路」の岡晴夫、「かえり船」の田端義夫、「燦めく星座」の灰田勝彦、「勘太郎月夜唄」の小畑実などがいる。

昭和23年、笠置シヅ子の「東京ブギウギ」が大ヒット。同年には古賀政男も、近江俊郎による「湯の町エレジー」でヒットを飛ばした。先の「東京ブギウギ」に続いて、昭和24年には、藤山一郎と奈良光枝による「青い山脈」、高峰秀子の「銀座カンカン娘」と服部良一の快進撃が続いた。
また同年、美空ひばりがデビューした。美空ひばりは、その後、毎年のようにヒット曲を出し、昭和27年には「リンゴ追分」「お祭りマンボ」などをリリースする。この昭和27年は江利チエミが「テネシー・ワルツ」を出し、神楽坂はん子や春日八郎が出て来る一方で、戦前からの系譜を持つ従来の歌手陣が最後の輝きを見せた年でもある。

昭和28年、この前後の時代は歌手達の世代交代の時代でもある。それはひいては作曲家、作詞家の世代交代の時代でもあった。
フランク永井、鶴田浩二、和田弘とマヒナスターズなどビクターの歌手陣に代表される作曲家の吉田正による都会調歌謡と、三橋美智也、春日八郎などキングの歌手陣に代表される作曲家の船村徹らによるふるさと歌謡が流行歌のメジャーな流れとなった。作詞家としては国民新聞出身の佐伯孝夫がビクターでは戦前からの大御所としてなお一線で活躍していた。昭和29年、春日八郎の「お富さん」が大ヒット。翌昭和30年には、島倉千代子、三橋美智也がデビューし、菅原都々子の「月がとっても青いから」がヒットした。この頃、三橋美智也がヒットを連発し、圧倒的な人気を誇った。美空ひばりも映画に歌に快進撃を続け、別格扱いの座を欲しいままにした。

昭和32年、三波春夫が「チャンチキおけさ」でヒットを飛ばし、スター歌手の仲間入りをする。同年、フランク永井の「有楽町で逢いましょう」もヒット。大スター石原裕次郎や、「おーい中村君」の若原一郎などの活躍もこの頃である。昭和34年、ペギー葉山の「南国土佐を後にして」が大ヒット。小林旭も裕次郎に次ぐ、歌う映画俳優として認知されるようになる。
そしてこの頃、いわゆる78回転のSP(スタンダード・プレイの略)レコードから、45回転のEP(エキステンデッド・プレイの略)、33と1/3回転のLP(ロング・プレイの略)レコードへの切り替えが始まる。無論、SPという呼称は、EP、LP登場後に出来たもの。シングルレコードの登場は昭和32年頃、SPレコードが店頭から消えたのは昭和34年4月いっぱいであった。それは流行歌という呼称が消える前兆でもあった。
 
1960年代は高度成長期の時代であり、歌謡曲の世界も百歌繚乱であった。それまでのSPレコードから、LPレコード、ドーナツ盤レコードへと、レコードそのものの軽量化に成功したのも60年代が始まる少し前の話である。レコード会社も東芝という新たなレーベルが台頭してきたのも同じ時期であった。60年代の幕開けを飾ったのは西田佐知子の登場である。他にも水原弘、ザ・ピーナッツなどの新しい歌手が登場して来た。

青春歌謡というジャンルが登場したのもこの60年代初頭であった。御三家として橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦を筆頭に、三田明などが代表的な歌手として売り出した。「高校三年生」は昭和38年の大ヒットである。
昭和36年には植木等がコミックソングという新ジャンルをメジャー化する。また、この年には「上を向いて歩こう」で坂本九も登場。昭和37年には日本訳されたオールディーズのナンバーがヒット、ロカビリー旋風が巻き起こる一方で、北島三郎が登場した。洋楽のセンスを取り入れた曲が量産されるに至ったのは、多くの歌手がデビュー前に進駐軍のキャンプまわりを経た事にもよる。昭和38年には北島三郎を擁して、コロムビアからクラウンが独立した。青春歌謡のブームは昭和39年頃まで続いた。同年、都はるみがデビューした。

昭和41年、折からのベンチャーズ旋風にのって、青春歌謡と入れ替わりに加山雄三が登場。後のGSブームに続く新しい歌謡曲のジャンルを示した。また同時期にフォークソングというジャンルも現れる。古賀政男と美空ひばりという大御所コンビが「悲しい酒」のヒットを放ったのも同年である。

昭和42年、GS、フォークブームの始まりである。GSではブルー・コメッツ、テンプターズ、タイガースが、フォークでは、フォーク・クルセダーズ、岡林信康などが活躍した。しかしフォークが隆盛を迎えていくのに比して、GSブームはあっけなく終焉を迎えた。GSとはグループ・サウンズの略称で歌を歌うエレキ・バンドの事である。
ビートルズの来日などにより、それまでの洋楽の日本語訳によるカバーが主体であったロカビリーが消滅した。ビートルズは日本語訳が対応できないバンドであったのだ。下火になったロカビリーの代わりに浮上してきたのが、このGS。まるで雨後の筍のように無数のバンドが出現し、沢田研二、堺正章、萩原健一など何人かはソロでスターダムを歩むようになる一方、頂点を極めながら名前が消えていったメンバーも少なくない。

フォークは森山良子やマイク真木など、歌謡曲とさして変化のない品のいいカレッジフォークが主流であったところに、岡林信康に代表される関西フォークが台頭、その後、70年代に入るとフォークは若年層の思いをストレートに歌に託すものとして歌謡界を席巻する。こうした歌謡曲のジャンルの分化によって、それまで一緒くただった流行歌の主流は、森進一などに代表されるいわゆる演歌と称される一ジャンルに扱われるようになる。しかし、まだこの頃の演歌は後年に見られるような閉塞的な表現世界ではなく、従って特定の世代の歌という定義づけもなく、国民歌の色彩を失っていなかった。

高度成長や学園紛争も終わりを迎えつつあった昭和46年のエポックとしてアイドル歌手の誕生がある。南沙織、天地真理の出現は、歌そのものよりも本人のルックスなどが先行して爆発的な人気を生む、80年代のアイドル時代の先駆けともいえる事件であった。
昭和47年にはポスト岡林と目された、フォーク界の新しいスターとして「旅の宿」などで吉田拓郎が出てくる一方で、元タイガースの沢田研二がソロでヒットを飛ばし、ジュリーの名と共に男性アイドルの先駆的存在として君臨する事になる。演歌では森進一や五木ひろしが勢いを増し、一時期の衰勢を盛り返した。この頃を代表する名曲に、かぐや姫の「神田川」がある。

またアイドル歌手も全盛の時代を迎える。郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹の新御三家の台頭もあった。60年代から続いて勢力を持ったナベプロなどはテレビと結びつき、テレビ発の人気歌手が量産されるようになる。それがいわゆるアイドル歌謡で、演歌もレコード会社主体のセールスという部分では昔ながらの商業主義スタイルを堅持していた。

しかし、この時期を特徴づける音楽はやはりフォークであろう。
フォークは元々、売れる事を最大の目的としていないところに、アイドル歌謡や演歌との決定的な違いがある。フォークは森山良子らの上品なカレッジフォークと、岡林信康らの政治的色彩の強い関西フォークの流れがあったが、コアなファンらの要求に行き詰まりを見せ、遂には失踪してしまう岡林の後を、日常をモチーフにした吉田拓郎が襲ったのは極めて自然な流れであった。この流れはポスト吉田の地位を窺う井上陽水の政治的無関心を歌う「傘がない」で決定づけられる。同棲生活の情緒を歌う「神田川」も日常をモチーフにする事で、普遍的であり得た。逆にそれが、フォークも商業主義から脱する事は出来ないという事を証明した。商業主義云々は大した事ではない。頑なに商業主義を拒んで政治色を強めていたら、フォークというジャンルは時代を超えた支持は得られなかったろう。歌は大衆に支持されてこそである。

アイドル歌手では従来の新御三家に加えて、山口百恵、桜田淳子に演歌の森昌子を加えた花の中三トリオが人気を得るようになる。ナベプロ独占に風穴を開けるべく始まった「スター誕生!」というオーディション番組発のアイドルが続々と誕生した。ポップスというジャンルが確定されてきたのも、この頃である。昭和50年、中島みゆきと松任谷由実がデビュー。ニューミュージックというポップスの新しいジャンルを引っさげての2人の登場は、フォーク時代の終焉を予感させるものであった。そしてフォークというジャンル自体が次第にポップスの枠にこなされるようになってゆく。

この時期、特筆されるのは何といってもアイドルグループ、キャンディーズとピンク・レディーのデビューである。メガヒットの連発でテレビジャックをした両者は、まさに老若男女問わない国民的スターだった。アイドル歌謡から演歌まで数多くの楽曲をこなした作詞家の阿久悠と作曲家の筒美京平は、この70年代の歌謡曲シーンを席巻した。
昭和53年、サザンオールスターズの登場。新世紀の現在に至るまで常に第一線でメガヒットを飛ばすサザンも、登場した頃は色物扱いであったのだ。ニューミュージックと演歌という2つの潮流に歌謡曲は次第に収斂されつつ、70年代の幕は閉じる。

昭和55年、松田聖子デビュー。同年は田原俊彦、近藤真彦も相次いでデビューし、新しいアイドル時代の幕開けを飾った。他にアイドル歌手としては、女優兼業の薬師丸ひろ子などがいる。
ポップスでは、松任谷由実、中島みゆきの両巨頭に、フォーク調のさだまさし、松山千春、独特のカリスマの地位を築いた矢沢永吉などが活躍、また、長渕剛のデビューもこの時期である。
昭和57年、中森明菜デビュー。松田聖子と共に80年代を引っ張った売れっ子歌手の誕生である。聖子と明菜は、お互いにヒットナンバーを切れ目なく発売し、歌謡曲の2大歌姫として君臨した。
またこの時期、アルバムセールスはサザンオールスターズの独壇場でもあった。80年代の特徴はまさにアイドル時代で、女優兼業の歌手や歌以外の部分でアピールする歌手が続出した。

昭和60年に入ると、フジテレビ主導の軽薄時代の大型花火ともいうべき、おニャン子クラブがデビュー。秋元康プロデュースによるアイドル量産時代に突入した。また、この頃より旧来のレコードセールスが次第に低落傾向を見せはじめる。アイドル勢では、おニャン子クラブからのソロ歌手や切り売りグループなどが次々にヒットを連発、まさに一世を風靡した。

昭和62年、光GENJIデビュー。田原俊彦、近藤真彦の後続として、ジャニーズ黄金時代の先駆けである。さらにこの昭和最後の時期は長渕剛の独壇場でもあった。
また、アイドル量産時代の終焉、本格的なポップス、ロック全盛時代の到来、石原裕次郎、美空ひばりの死去、都はるみ引退、CDの登場などによる演歌壊滅の予兆もこの時期の話である。ポップス、ロックは新旧交代の時期でもあった。従来のアイドル中心のラインナップから、TMネットワーク、米米CLUB、爆風スランプ、Wink、ザ・ブルーハーツ、ユニコーン、X、工藤静香、酒井法子、森高千里などが台頭して来る。こうして昭和歌謡曲史は幕を閉じる。平成に入ると、ポップス、ロック一辺倒となり、各人の好みの分化によって、すべての世代に支持される曲といったものが消滅してしまうようになった。歌謡曲の時代の終焉である。





情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました