70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

御三家・三人娘「3ビート」

御三家・三人娘「3ビート」

『飯田久彦』『高松秀晴』『柚木公一』。

一部のマスコミではロカビリー・ブームの衰退が報道されていたが、11回目を迎えた「日劇ウエスタン・カーニバル」(1960/昭和35)年は活況を呈し、「ロカビリー三人男」「三人ひろし」に続き、新鋭の三人がスリー・ビートとしてデビューした。

飯田久彦は1961年に「悲しき街角」でデビューし、続く「花咲く街角」で街角男の異名をとり、「ルイジアナ・ママ」のヒット曲で知られている。のちに日本ビクターのディレクターに転向し、岩崎宏美、ピンク・レディーなどを担当。

また、小泉今日子、SMAP、河村隆一等のプロデュースも担当。1999年株式会社テイチクエンタテインメント社長、その後会長に就任。現在はエイベックス・エンタテインメント取締役。

 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました