70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

Twenty★Twenty

コメント

分類企画ユニット

デビュー:2020.05.12
デビュー曲:smile(2020.08.12)

トゥエンティー・トゥエンティー。2013年3月、ジャニー喜多川が東京オリンピックのサポーターグループの構想を発表。メンバーはジャニーズJr.からの40名で、グループ内で20人ずつ2組に分かれる構成。ユニット名は「2020」(トゥエンティー・トゥエンティー。別表記:Twenty・Twenty。通称:トニトニ)になると報じられた。

続いて、東京五輪の開催が正式に決定した2013年9月になると、「SMAPを核とする、グループの枠を超えた100人規模の超党派ユニット」を作る案も浮上し、そのユニット名は「ジャニッポン」だと報じられた。
「2020」の名称は、ジャニーズ事務所のタレントが多数出演するミュージカル『JOHNNYS’ World』シリーズにて、『JOHNNYS’ 2020 World (ジャニーズ トニトニ ワールド)』(2013年12月7日 – 2014年1月27日、帝国劇場)としても早速使用された。

約5年後の2018年10月6日、舞台『ABC座 2018 ジャニーズ伝説』(2018年10月7日 – 29日、日生劇場)の公開稽古前にジャニー喜多川が取材に応じ、久しぶりに「2020」のグループ構想について言及。「約300名のジャニーズJr.の中から、2018年中に20名を選出し、2019年に更に20名を追加する予定。現時点での候補生は、少年忍者のメンバーでもある青木滉平、安嶋秀生、織山尚大、久保田空輝、黒田光輝、豊田陸人、檜山光成、平塚翔馬、村上真都ラウールの9名」だと発表した。

しかし、2019年7月にジャニー喜多川が逝去。
続いて、翌2020年にはコロナウイルス感染拡大の影響で東京オリンピックの開催も延期となった。

そこで、ジャニーの遺志を滝沢秀明が受け継いでプロデューサーとなり、2020年4月、ジャニーズ事務所所属タレントによる社会貢献プロジェクト「Johnny’s Smile Up! Project」の一環として、コロナウイルス感染拡大に伴うチャリティーソングをリリースするため、楽曲制作をMr.Childrenの桜井和寿(個人活動時の表記は本名の櫻井和寿)に依頼。

「2020 (Twenty・Twenty)」の名前と、「ジャニッポン」のコンセプトを掛け合わせ、ジャニーズ事務所に所属するタレントやグループの内、15組が合体した期間限定スペシャルユニット「Twenty★Twenty」の結成を2020年5月12日にマスコミに向けて発表。翌13日の早朝に、各メディアや事務所のホームページで一斉に報じられた。
配信は2020年6月22日、CDは同年8月12日に、櫻井和寿が作詞・作曲したシングル『smile』(J Storm/JACA-5837/20.08.12)でデビュー。

[メンバー]

  • KinKi Kids(堂本光一、堂本剛)
  • V6(坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一)
  • 嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)
  • KAT-TUN(亀梨和也、上田竜也、中丸雄一)
  • 関ジャニ∞(横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、大倉忠義)
  • 山下智久
  • NEWS(小山慶一郎、増田貴久、加藤シゲアキ)
  • Kis-My-Ft2(北山宏光、横尾渉、藤ヶ谷太輔、宮田俊哉、玉森裕太、二階堂高嗣、千賀健永)
  • Hey! Say! JUMP(薮宏太、髙木雄也、伊野尾慧、八乙女光、有岡大貴、山田涼介、中島裕翔、知念侑李)
  • A.B.C-Z(五関晃一、戸塚祥太、塚田僚一、河合郁人、橋本良亮)
  • Sexy Zone(中島健人、菊池風磨、佐藤勝利、マリウス葉)
  • ジャニーズWEST(中間淳太、濵田崇裕、桐山照史、重岡大毅、神山智洋、藤井流星、小瀧望)
  • King & Prince(平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太)
  • Snow Man(深澤辰哉、佐久間大介、渡辺翔太、宮舘涼太、阿部亮平、向井康二、目黒蓮、ラウール)
  • SixTONES(髙地優吾、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎)



企画ユニット

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました