70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

タダより高いものはない

タダより高いものはない

クレジットカード会社から来月の支払金額が確定したメールが届いたので、早速WEB明細書を見ることにした。
今年の2月にカード被害に遭ってからは、引き落とし前に明細を確認するようにしている。

クレジットカード明細に「アマゾンプライム電話0120899280」という怪しげな利用店名があり、3,900円請求されている。

どうやら、アマゾンプライムの1か月無料お試し期間の終了後、有料会員に自動登録されてしまった結果、年会費が請求されたようだ。

アマゾンでは視認する必要のない本やパソコンサプライ品を定期的に購入している。2ヶ月ほど前にもSurface Pro用のブルーライトカットの保護フィルムを購入したが、その際に、請求画面で踊る「無料お試し」的なPR文字に促されて、タダならば試しに使ってみても良いかと思い、アマゾンプライムのお試しボタンを確かに押してしまったのだ。

まさか、無料期間が過ぎる1ヶ月後に自動的に会員継続になり、アマゾンからのお知らせメールもなく、有料会員(年会費¥3,900)になるとは思っていなかった。

Amazon プライムとは?(アマゾンサイトより引用)
Amazonプライムは、3900円(税込)の年会費をお支払いいただくと、1回350円(税込)または500円(税込)のお急ぎ便やお届け日時指定便が追加料金なしで、無制限に使える会員制プログラムです。一つのアカウントで、同居のご家族2人までを、家族会員として登録することができます。

おそらくアマゾンプライム会員の恩恵を受けるほどの急な買い物はないと思う。必要ならその時だけお急ぎ便を使えばいい。
すぐに会員キャンセルをした。

Amazonプライムのヘルプに掲載されている「キャンセルする方法」に沿って、アマゾンにログイン後、「アカウントサービス」にある「Amazonプライム会員情報を管理する」から「会員登録をキャンセルする」を実行した。

すぐさま下記のメールが届いた。(アマゾンから届いたメール引用)

お客様のご希望により、Amazonプライムの会員資格をキャンセルしました。
Amazonプライムの特典を利用されておりませんので、お客様の年会費を返金いたします(現在年会費の請求中の場合は完了するまで返金できませんのでご了承ください)。年会費の請求が完了している場合は、通常7から14営業日程度で返金は完了しますので、次回のクレジットカードの明細でご確認いただけます。

3,900円程度の金額だったので、瞬時に確認できるWEB明細書がなければ、またはクレジット明細を確認していなければ、この自動課金に気付かずに毎年引き落とされていたかもしれない。
タダより高いものはない。

 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました