70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

岡田有希子

あ行

岡田有希子『リトル・プリンセス』

初期有希子作品は、60年代ティーンポップへの回帰 今回も作詞・作曲は竹内まりや。 前作と同じくデートが舞台で、竹内的には「ファースト・デイト」の続編なのかも。 しかし、今回は続編なだけあって(?)、「デートを重ねて、より一層相手を...
あ行

岡田有希子『哀しい予感』

作家の弱点が露呈した、中途半端な"ロック歌謡" 編曲は前作同様、松任谷正隆が担当しているが、作詞・作曲は尾崎亜美が外れ、竹内まりやに戻された。 三部作で竹内作品は完結したかと思いきや、再びの回帰なわけだが、その理由が今一つよく判ら...
あ行

岡田有希子『花のイマージュ』

模索を経て、"聖子調"を独自に咀嚼しきった傑作 有希子のシングル盤は、前作「くちびるNetwork」を最後に発売されていないが、この「花のイマージュ」は、次回作として1986年5月に発売が決定しており、彼女が逝去する前から、早々と...
あ行

岡田有希子『二人だけのセレモニー』

ユニークな設定を生かせなかった歌詞が残念 今回は作曲を尾崎亜美が、作詞を夏目純がそれぞれ担当。 尾崎亜美という、竹内同様、著名な女性アーティストの起用であるが、その使い分けに関しては、両者それぞれに意味があると思う。 竹内の...
あ行

岡田有希子(おかだゆきこ)ディスコグラフィ

プロフィール 1967年8月22日生まれ、愛知県名古屋市熱田区出身。「スター誕生!」第46回決戦大会合格。同番組からのデビューは85組目。キャッチフレーズは「ステキの国からやってきたリトル・プリンセス」。 1986年4月8日事...
タイトルとURLをコピーしました