70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

岡田有希子『Love Fair』

岡田有希子『Love Fair』
発売日 1985.10.05
作詞 かしぶち哲郎
作曲 かしぶち哲郎
編曲 松任谷正隆

僕が岡田有希子の曲から選んだのは「Love Fair」(オリコン最高位5位、12.0万枚)です。勿論彼女が活躍していた時からその存在や楽曲は知っていましたが、僕自身取り立てて興味が無かったのでレコードは1枚も持っていませんでした。でも社会人になってから、ある日突然聴きたくなり、CDを買ってしまいました。

僕が好きなのは「ファーストデイト」「哀しい予感」とこの曲です。3曲ともマイナーな曲ですが、彼女にはマイナーな方が似合う気がします。視力が悪いせいか目許に力なくて、ちょっと暗くないですか?彼女がデビュー2年目の1985年にリリースしたシングル4枚ともアレンジは正隆さんですが、石川ひとみや原田知世・森尾由美・斉藤由貴などポニキャンのアイドルの仕事を結構しています。

岡田有希子と言えば歌がうまいイメージがありますが、よく聴いてみると確かに上手に歌ってはいますが少し棒歌と言うか、ちょっと固い感じがします(とはいえ、持っているCDは「シンデレラ」「贈りものII」の2枚だけですが…)。音符に忠実なのでしょうか。

固いといえばぎこちない振り付け。FNS歌謡祭で「Love Fair」を歌っていた時、中サビ前のリフで両手を挙げてカクカクさせる振りをとんねるずに茶化されていた記憶があります。

「Love Fair」の詞は記号というか雰囲気だけの内容で、深い意味があるとは思えませんが、その分キャッチーな頭サビではファルセットを使いながら男子達にグッと迫っています。メロディーは中サビでメジャー展開しながら、8ビートのサウンドと合わせ1980年代半ばのアイドルPOPSのグルーヴを感じさせる仕上がりとなっています。

ちなみにサンミュージック・愛知県出身・O型というのは後の水谷麻里に受け継がれました。果たして彼女のプロダクツはどれだけの人の記憶に留まっているのでしょうか?(『贈りものII』岡田有希子)

 heaven and earth

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました