70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

もとまろ(もとまろ)ディスコグラフィ

サルビアの花
海野圭子、山田真珠美、織間千佳子の女子大生グループ。
青山学院高等部在学中にTBS「ヤング720」の番組スタッフに進められ、同番組内コーナー「フォークグループ勝ちぬき歌合戦」で5週勝ち抜き、5週目に歌った「サルビアの花」でレコードデビュー。
本人達にプロになる気が無く、レコード一枚だけを残し、解散。
  • 海野圭子は1953年9月18日生まれ(66歳)、愛称はKB(ケービー)。ボーカル、ガットギター担当。青山学院短期大学児童教育科1年(当時)。
  • 山田真珠美やまだますみは1954年2月20日生まれ(65歳)、愛称はまこ。別名、坂東三寿珠(日本舞踊の名取り)。青山学院大学文学部日本文学科1年(当時)。解散後、「びっくり箱」名義で第4回ポピュラーソングコンテストに出場。
  • 織間千佳子は1954年1月18日生まれ(66歳)、愛称はチカ。別名、花柳喜満(日本舞踊の名取り)。青山学院大学文学部史学科1年(当時)。

シングル

  • 「サルビアの花」CANYON EP:A-101 72.04.25

    ※「サルビアの花」は元ジャックスの早川義夫アルバム「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」収録曲(1969年)が原曲。1971年、ヤマハポピュラーソングコンテスト(ポプコン)の前身「’71作曲コンクール(第3回)」で、オフコースの歌唱により入賞し、岩渕リリ、鳳蘭、川奈真弓らとの競作。オリコン最高位11位。

    サルビアの花 相沢靖子/早川よしお/岸根孝雄

    風船 桐山幸子/奈良史樹/岸根孝雄

 




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました