70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

宮里久美『秘密く・だ・さ・い』

宮里久美『秘密く・だ・さ・い』
発売日 1986.01.21
作詞 松井五郎
作曲 鈴木キサブロー
編曲 鷺巣詩郎

今も昔もアニメのテーマ曲のヒットが数多くあります。
ご紹介する宮里久美「秘密く・だ・さ・い」(オリコン最高位36位、売上1.5万枚) もその1つです。確か「メガゾーン23」とか言うメカ物系(?)のアニメだったと思います。TBS系列だったような…。TV版だか劇場版だかVT版だか忘れましたが、とにかくタイアップ付いていたはずです。宮里久美本人も風祭イヴとやらの吹替えをしていたような…。(記憶の元ネタは歌本だし、超~自信ありません!)

この曲を歌っている所を見たことがない、彼女はホリプロスカウトキャラバン出身だそうで(入賞した訳ではないらしい)、アイドル華盛りのS60年(1985)に「背中ごしにセンチメンタル」でデビューしました。確か同じアニメの主題歌だったと思います。ちなみにデビュー曲は芹澤廣明作曲で「真夏のランナー」、「憧れはオクターブハイの空へ」、などをMIXした芹澤節の集大成です。
1年振りの2nd.シングル「秘密く・だ・さ・い」の作詞は「NEVER」「恋してカリビアン」「恋一夜」の松井五郎。アニメの内容は知りませんが、あなたと親密になりたがっている女性の気持ちを綴っており結構普遍的です。

作曲は「恋のサマーダンス」「私星伝説」「Tokio Express」の鈴木キサブロー。A-A-B-A-B-B…F.O.のシンプルな構成。クリシェを使ったゆったりしたAメロ。サビからはメジャーへ展開し大陸的なメロディーが広がります。編曲は「日本美人」「Sosotte」「エメラルドの砂」の鷺巣詩郎。当時流行っていたアイドルの打ち込み物で落ち着いたテンポのディスコビート。きらびやかで軽薄なアレンジが得意な鷺巣詩郎のペンが光ります。

ルックスは松尾久美子・新井由美子ラインで大柄。そばで見ると可愛いけれどTVでは地味って感じです。中村由真を平たくしたと言えなくも無いか…。ボーカルはなかなか上手なのですがデビュー曲のストレートさに比べて「秘密く・だ・さ・い」では妙な力みがあって、ややのど声でオバサンぽく、うねるようなビブラートが入っています。デビュー曲から1年間何もなくて売る気あるのかないのかわからないのですが、BEST盤のCDを見ると作家では三浦徳子・中崎英也などそこそこのラインナップが揃っています。社や社に劣らず社のアニメ物は多いのですが、飯島真理「愛・おぼえていますか」の夢よもう一度とはいきませんでした。(『FOR YOU』宮里久美)

 heaven and earth
 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました