伊藤かずえ『アイドル・ミラクルバイブル・シリーズ2004 伊藤かずえベスト』

伊藤かずえ『アイドル・ミラクルバイブル・シリーズ2004 伊藤かずえベスト』
発売日 2004.12.01

コロムビアのアイドル・ミラクルバイブルは今年も4タイトルが発売。
まず奇跡の2枚組みでリリースされたのは「伊藤かずえベスト」。
社に移籍後の楽曲も収録という贅沢盤。

僕が最初に出会ったのは『ヨコハマ LONELY CAT』。ジャケ写も好き。
勿論それ以前から彼女の存在は知っておりましたが。
リリースはS59.2.21。作詞:岡田冨美子、作編曲:芹澤廣明。
丁度チェッカーズが盛り上がり始めた頃合。先見の明がある布陣なのに妙にショボいのは楽器が薄めの本人アレンジのせいか…。
掛け合い風のサビが素敵なマイナー調のポップンロール歌謡。
歌詞も美少女風なキャラから一転、ツッパリ少女的な世界へ。
“不良少女”へのイントロダクションだったのでしょうか?。

もう1曲お薦めはデビュー曲『哀愁プロフィール』。今週の1曲で水谷絵津子の「キラリ・涙」との相関関係を語ったこともありましたが。S57.4.21リリース。
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲は矢野立美。

この曲は玉手箱のようにメロディーに色んな動機が出てきて凄く盛り上がります。
特に一瞬のメジャーからマイナーへ下から上に抜けるBメロが大好き。
あとはAメロで出てくるアレンジの小太鼓のトレモロ。偶数小節の3拍半目で刻むのと、奇数小節の3拍目で刻むのと、気になりだしたら大変ですよ。

唄はプルプル絶叫型。生唄は結構酷いですけど、さすがレコードだと補正されているのか、緊張しないのか、それなりに味わいのあるボーカルが。
歌手で売る気があるいのか無いのか判らんリリース時期にタイアップ。
なのにシングル枚数がやたら多いのが摩訶不思議な花のS57年組です。(2005.01.08)

 heaven and earth

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました