70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

林紀恵『えとらんぜ』

林紀恵『えとらんぜ』
発売日 1981.03.21
作詞 中里綴
作曲 小田裕一郎
編曲 大村雅朗

今回もキャニオン物のデビュー曲をご紹介しようと言う事で、取り上げるのはホリプロスカウトキャラバン出身、林紀恵の「えとらんぜ」です(オリコン100位チャートインなし)。何故か最近ハマっています。

作詞は中里綴。南沙織「人恋しくて」や堀ちえみの「真夏の少女」などを手掛けています。でもどちらかと言えば“悲しい最期を遂げられた方”という印象が強くて…。彼に告げられた別れの言葉を胸に街をさまよい、立ち直るまではちょっと「えとらんぜ」、てな内容です。
マイナーなメロディー好きな僕としては十分堪能できる詞の世界ですが、健康的なアイドルのデビュー曲にしては、ちと暗すぎやしませんかね?

作曲は小田裕一郎。当然前年デビューの松田聖子の縁起を担ぐつもりだったのでしょうか。前述した通りUPテンポのどマイナー。A-A”-Bの構成。Aメロは割とありふれた感じ。個人的には♪坂道ひとり歩きふりむいちゃダメ~、から始まるサビの8分音符の畳み掛けが大好きです。
♪メ~、って長音との対比も鮮やかだし、スカっと抜ける感じがたまりません。

編曲は大村雅朗。ちょうど過渡期なのかちょっぴりデジタルなエッセンスと取り入れたアレンジ。Aメロではバッキングのテケテケ具合がカッティングギターと合わさって、もうグルグルしまくり。しつこいくらいのストリングスのオブリガードも盛り上げます。

リズム隊も派手で良い仕事してます!サビからは結構王道で重量感もバッチリ。間奏・後奏の無意味な程の大袈裟さも素敵です。一箇所♪Dreamy~のdim系?のコーラスが絶妙に気持ち悪いのはわざとでしょうか?

ボーカルは合唱系。気持ちちり緬ビブラート入ります。不安定さは無いけれどまだまだこれからって感じ。でも声は太いしパンチもあるし(古い)、もっと磨けばボーカリストとして良い線行ってたかも。ルックスはちょっと垢抜けなくて、素朴なお姉ちゃん風が芸能界のキャラとしては薄かったのでしょうね。

S55(1980)年組のあおりも食って北海道へ帰ってしまうのでありました。(『80”sアイドルJAPAN1』オムニバス)

 heaven and earth

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました