70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

始まりと終わり

始まりと終わり

「私はこうしてここにいる」この表現の中にはいくつもの謎が含まれている。
私という存在は一体誰なんだろう。こことは何処なんだろうか。
また、いるとはどういう状態を示したときにそう呼ばれるのだろうか。

超新星の塵芥を集めて原始太陽系が創造され、その果てに「私はこうしてここにいる」と言う言葉が産まれた。
問いかけのヒントは、我々のまわりに拡がる宇宙に溢れているという。

ビッグバンとインフレーション理論に裏付けされて宇宙は膨張をはじめ、やがてビッグクランチが起こり、終焉に向かって特異点へと収斂する。
その狭間を縫って刹那的な瞬間、我々生き物たちは地球という辺境の地で目覚める。

我々の祖先は宇宙に普遍的に見られる一連の原子から生まれ、いつしか地球に舞い降りていた。
その時、地球は小惑星の衝突脱ガスにより、生命に原始の海という舞台装置を用意し、雷の放電現象、太陽の紫外線、宇宙から飛来する隕石や宇宙線、海底熱水噴出孔などのスポットライトを主役たる祖先に浴びせかけた。
この化学進化の過程上、粘土に見られる結晶構造から我々の前駆体が複製という特徴を以て萌芽したともいわれる。

いずれにしても、私という存在、ここという場所、いるという時空間は何を指しているのだろうか。
この疑問を携えて夢の世界へと旅立ってみよう。(1998年1月29日)

 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました