70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

安田成美『トロピカル・ミステリー』

安田成美『トロピカル・ミステリー』
発売日 1984.04.25
作詞 松本隆
作曲 大村雅朗
編曲 萩田光雄

今回ご紹介するのは安田成美の「トロピカル・ミステリー」。デビュー曲でいきなり大ブレーク(ご存知「風の谷のナウシカ」。
オリコン最高10位、売上21.0万枚)を果たした彼女の2nd.シングルで主演映画「青春共和国」の主題歌です(共演:武田久美子、矢野有美etc。同時上映「月の夜 星の朝」主演:青田浩子&「すかんぴんウォーク」主演:吉川晃司の三本立を渋谷で見ました。蛇足:御亡くなりになった某アイドルの日記に「青春共和国」の出演の話が書いてありましたね。ちなみに成美嬢は、斉藤由貴が主演した「雪の断章」の話が流れています)

ナウシカガールとして歌手デビューしたわけですが♪かぜのたにの~ぬぁうぅーしかぁ~と世間にカウンターパンチを浴びせた程の歌唱力の持ち主です(今週のスポットライトでの歌唱はインパクトありました)。頼りないというか、口に締まりが無いというか…でもチャーミングで味わいのあるボーカルで、僕は声質とも全然OKです。そして髪が長かった頃は本当に可愛かったと思います。作詞は全シングルを手がけた松本隆。知り合って2時間の男性との夏の海辺の恋を描いていますが、♪名前なんて教えないわ あててごらんなさい、などと気取ってとちょと高ビー。サビでは♪あなたは誰? 未来の恋人?、ここがミステリーな訳です。松本隆のヴィジュアルが広がる情景物です。

作曲は松田聖子「SWEET MEMORIES」の大村雅朗。アレンジャーとして活躍していますがいい曲書いています。抑揚を付けた来生たかおみたいなラインで、「さよならのめまい」のように2番の初めは楽器にメロを歌わせ、本人が途中から割込む構成です(アラが目立たなくて良い)。

そして素晴らしいのがお馴染み萩田光雄のゴージャスなアレンジです。「風の谷のナウシカ」の時は慣れない打込みを頑張りました…てなアレンジでしたが、「トロピカル・ミステリー」では本来の持味を十分発揮しております。飛翔感のあるストリングス、乗りの良いカッティングギター、色っぽいSAX等のブラス、洒落たキーボード、最後にハープなんか掻鳴らされたら堪りません。サンバとか安易なラテン系でない上品な、まさにトロピカルな雰囲気と言えましょう。

花王ソフィーナCM曲でもあったこの曲が売れなかったのがミステリーです。(『安田成美』、他)

 heaven and earth
 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました