70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

パティ『明日・・・咲く』

パティ『明日・・・咲く』
発売日 1980.11.21
作詞 三浦徳子
作曲 木森敏之
編曲 鈴木茂

続いてご紹介するのは、今では一体何者だったのか確かめるすべも無い、何気にS55(1980)年組のパティの3rd.シングル「明日・・・・・・咲く」です(オリコン最高位29位、売上12.1万枚)。TVドラマ「竹とんぼ」の主題歌ですが、ドラマを見た記憶は全くありません。

作詞は三浦徳子。何処が特徴かと言われても困るような、普遍的な夢・愛・青春物。ドラマとどれだけシンクロしてかはわかりません。で、結構シンメトリーなお手軽な雰囲気もあり。そして2番の歌詞はねぇ…。松田聖子「チェリーブラッサム」と見比べて欲しいものです。

作曲はドラマ主題歌ではお馴染み木森敏之。逆にメロディーは頑張ってます。これでもかと盛りあがります。で、結構摩訶不思議な構成。ブロック的にはA-B-A”なのかもしれませんが、正確に言うと1.A-A”-B-A”-C-2.A-A”-B-A”-C-※B-Cでしょうか。つまりは頭サビを思わせる派手なメロディーが短い動機として繰り返されるグルグル系です。

編曲は鈴木茂。確かに古典的な東芝歌謡アイドルのイモっぽさは排除されたアレンジ。ただストリングスでめちゃくちゃ盛りあがる所は日本人的。ドラマ主題歌としては当然か。もしかしたら劇伴も鈴木茂が付けていたのかもしれません。

ボーカルは判断難しいですね。なんせ日本語が訛ってますから。リズムと言うか譜割も微妙にずれてます。ちょっと鼻に掛かった甘い声。所々かかるビブラートが上手いのかな?と思わせます。デビュー曲から日本テレビのドラマの主題歌とタイアップし、爆発的ではないにしろ、立て続けにロングセラーを飛ばしました。
結局、翌年カントリーな筒美作品を歌って、金の鳩賞にエントリーしてた所までは覚えてますが、その最後はどうなったのでしょうか?。(from『ヤンメロ3~アイドル編』オムニバス)

 heaven and earth
 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました