70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

松元治郎(和久二郎)

コメント

分類歴代ソロ

まつもとじろう。1970年12月11日生まれ(51歳)、東京都西東京市出身。
元ジャニーズJr.。元「平家派」の隊長(リーダー)。ビーイングのバンド「WANDS」の第3期ボーカリスト。WANDS時代の芸名:和久二郎わくじろう

[関連ソロ・ユニット]

15歳だった1986年、高校を半年で中退してくすぶっていた頃、何かやりたいという思いからジャニーズ事務所に履歴書を送る。オーディション会場には100名ほどの受験者が居たが、その中から松元だけがジャニー喜多川に「You、この後ご飯食べよう」と声をかけられ、そのまま入所となった。以後、20歳までの5年間に渡りジャニーズJr.として活動。
当時一番仲が良かったのは、2歳下の中居正広だった。事務所を退所後はトラックの運転手を6年半経験。

18歳の時に東京ドームで観たボン・ジョヴィのコンサートに衝撃を受けて以来、多くの観客を魅了するボーカリストになりたいと、プロになる決意をしていた。そして、トラック運転手として働いている最中にハンドルを握りながら大声を張り上げて歌うという自己流のボーカルトレーニングを続けながら、ビーイング主催の「第8回 B・A・Dオーディション」(過去回の出身者は森友嵐士や大黒摩季ら)に、WANDSの曲『Little Bit...』を吹き込んだデモテープを送る。
その結果、松元の力強い声がスタッフの耳に留まり合格。ビーイングのグループ会社「株式会社 B.M.F.」に所属し、1997年9月3日、WANDSの第3期ボーカリスト・和久二郎として、B-Gram RECORDSより『錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう』でCDデビューを果たした。

「和久二郎」という芸名に決まった理由は、元々「WANDS」というバンド名の由来が、タロットカードの「幸福の杖(WAND)」の複数形から始まり、後付けで初代メインメンバーの名前のイニシャル「上杉昇(WESUGI SHOW) → W AND S」、「上杉(WESUGI)&柴崎 → W AND S」も引用されていたことによる。その上杉と柴崎が1996年に脱退したため、新メンバーの2人もイニシャルが当てはまるようにしようと、それぞれに「和久二郎」、「杉元一生 (本名:安保一生、愛称:スギーニョ)」という芸名を付け、再び「W AND S」になるようにした。

第3期WANDSは、シングル4枚、オリジナルアルバム1枚を発表したが、2000年3月に公式サイト上で「解体 (解散)」を表明した。和久の歌声は初代ボーカル・上杉の声質にあまりにも似ていたことから、常に上杉と比較されては叩かれ続け、その上バンドもわずか2年半で解散となってしまったため、和久は「悲劇のボーカリスト」、「第3期WANDSとしてではなく、全く新しいバンドとしてデビューしていたなら、息も長くもっと売れていたはず」と言われている。

「ゲットゥープロモーション」に所属して2年契約を結ぶ。新たな音楽活動を目指して作詞・作曲を始めるが、目立つ活動には至らなかった。

2004年2月より、新たな事務所「株式会社 ラプター」内の「LAPLANDラプランド事務局」に所属してソロアーティストとしての活動開始を表明。
公式サイトを立ち上げ、自宅で制作した楽曲のデモ音源を公開していたが、それ以上の具体的な活動が何も無いまま、2005年1月末日には事務所との契約が切れ、公式サイトも後に閉鎖された。

その後は音楽業界から引退し、東伏見(西東京市富士町)にてバリをイメージしたBar「GRABSグラブス」を開店。経営者 兼 マスターに転身した。

第三期「WANDS」の元メンバー、安保“Suginho”一生(元・杉元一生)の2009年7月22日付のブログ記事にて、久々に顔写真を公開した。
更に2011年3月28日に目黒LIVE STATIONで行われたライブイベント「“LIVE CIRCUS” Act.01」にて、安保一生率いるバンド「Suginho Session (スギーニョ・セッション)」のシークレットゲストボーカルとしてサングラス姿でサプライズ登場。尾崎豊の『僕が僕であるために』をカバーし、久々に歌声を披露した。

2012年4月12日、突如YouTubeに新曲『少年』のMV(デモバージョン)をUP。安保一生の支援を受け、同年中のCDリリースとライブを目標にソロシンガーとして活動再開することを明らかにした。

同年10月12日、7曲入りの1stCDミニアルバム『Reverb』をリリース。

同年12月2日、六本木・morph-tokyoにて初ワンマンライブとなる「松元治郎 1st LIVE」を開催。新作アルバム『Reverb』やWANDS時代の楽曲は勿論のこと、B’zの『いつかのメリークリスマス』のカバーも披露。

2013年11月頃から2ndミニアルバムの制作を開始したが、すぐに制作が中断。約2年後の2015年9月より制作を再開。

2016年2月2日、2ndミニアルバム『I come back again』をリリース。

同年3月13日、初台DOORSにてライブ「松元治郎 2nd LIVE」を開催。

2018年、オフィシャルサイトを閉鎖。Bar「GRABS」の経営からも降り、就職して会社員となった。

ディスコグラフィ:ソロ作品

  • 『Reverb』12.10.12

    ※1stCDミニアルバム。公式サイトから通販限定、およびライブ会場限定のインディーズ販売。価格:¥2,000。全曲、作詞:松元治郎、編曲:安保一生。予約特典は直筆サイン入り写真カード。「彼方に浮かぶ月」はWANDS時代のお蔵入り曲。

    1.彼方に浮かぶ月 松元治郎/綿貫正顕/安保一生

    2.Afterglow 松元治郎/松元治郎/安保一生

    3.Journey 松元治郎/木村真也/安保一生

    4.Blindness 松元治郎/松元治郎/安保一生

    5.逃亡者 松元治郎/安保一生/安保一生

    6.少年 松元治郎/松元治郎/安保一生

    7.古傷 松元治郎/松元治郎/安保一生

  • 『I come back again』16.02.02

    ※2ndCDミニアルバム。公式サイトから通販限定、およびライブ会場限定のインディーズ販売。価格:¥2,000。全曲、作詞:松元治郎、編曲:安保一生。予約特典は松元の手形が付いた半紙。

    1.I come back again 松元治郎/松元治郎/安保一生

    2.Farewell, my love 松元治郎/綿貫正顕/安保一生

    3.Next World 松元治郎/木村真也/安保一生

    4.Lip Server 松元治郎/安保一生/安保一生

    5.その眼差しだけが 松元治郎/木村真也/安保一生

    6.Shake it off 松元治郎/安保一生/安保一生

    7.在るべき場所へ 松元治郎/木村真也、松元治郎/安保一生

第3期 WANDSのディスコグラフィはこちらを参照。




歴代ソロ

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました