70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

フィーバー『悪魔にくちづけ』

フィーバー
発売日 1979.04.20
作詞 森雪乃丞
作曲 佐藤健
編曲 船山基紀

ナベプロシリーズのトリでご紹介するのは、キャンディーズフォロワーとしてトライアングルの翌年に登場したフィーバーのデビュー曲「悪魔にくちづけ」です(オリコン最高位93位、売上0.7万枚、桑江知子と一緒!)。時代を感じさせるネーミングですがグルーヴ感溢れる和製ディスコサウンドにハマった名前ではあります。

作詞は森雪乃丞。時々気分で書いちゃう人ですが、悪魔がとんじゃう所など恐れ入ります。あいつに迫られてドキドキしてたり、稲妻が走ったり、タイトルがくちづけだったり、後の「♂・♀・Kiss」の原型を思わせます。
でも歌詞に男とか女とか出て来て、当時のアイドルのデビュー曲にしては結構アダルトというか色っぽい内容。ヤバイわー、ってとこも蓮っ葉。陽性な曲を多くリリースしたトライアングルと差別化を図ったのでしょうか?。サビの歌詞に自分たちのグループ名を採り入れているのは同じですが。

作曲は佐藤健。ラインは違うけど16ビートでマッタリしたマイナーな雰囲気で、所々2拍子を織り込むのは「手編みのプレゼント」なんかと共通してます。
大まかに言うとA-A”-B-C-Dの構成。とっちらかった京平節のように色んなメロディーが出てきて飽きさせません。ゾクゾクさせるBメロからサビ前のCメロへ展開する辺りが大好きです。サビの♪Love is Feverも正々堂々と真っ向勝負してgood。

編曲は船山基紀。デジタル化以前のアレンジですが16でリズム刻ませたら右に出るものはいませんね。「その気にさせないで」「わな」といったマイナーのキャンディーズサウンドを意識はしてると思いますが、リズム隊とかベースラインとかカッコ良いです。1番と2番とでドラムのおかずが違ったり芸が細かいです。

ボーカルは結構ユニゾンで歌ってたりするのでその実力の程は良くわかりません。どの声が誰か判らないってのもありますが。ご挨拶的なハーモニーになっても、もろキャンディーズだし。Bメロでソロ取る人の声質がランちゃん風だったりします。
CDに載ってるシングルジャケ見てみるとトライアングルもフィーバーもどっこいどっこいでしょうか。実際会うと可愛いんでしょうけどあまりスター性は感じられません。ソフトクリームよりかは好きですけど。(from『フラワー・ポップスVol.2』オムニバス)

 heaven and earth
 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました