70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

江木俊夫

コメント

分類歴代ソロ

えぎとしお。1952年6月4日生まれ(70歳)、東京都武蔵野市吉祥寺出身 → 渋谷区 → 新宿区十二社 → 杉並区荻窪へと転居。
本名&旧芸名:亀田学かめだまなぶ。愛称:トシ坊、ポコちゃん。「フォーリーブス」の元メンバー、結成当初のリーダー。

[関連ソロ・ユニット]

幼少時に「劇団ひまわり」に入団し、1955年、わずか2歳で子役デビュー(初仕事は石鹸のCM)。
その後、婦人雑誌(『主婦と生活』など)のモデルをしながら、小学校に上がる前には数本の映画にも出演するようになった。当初は本名の「亀田学」名義で活動していたが、1959年1月15日公開の映画『カックン超特急』より「江木俊夫」の芸名で活動開始。この芸名は、同映画の監督であり歌手の近江俊郎が、自身の「江」と「俊」の字を与えて命名した。

石原裕次郎や小林旭を始めとする数多くの日活スターとも共演。また、少年マンガ雑誌『少年画報』の1961年10月号から1965年2月号まで表紙モデルを務めた。
1963年には黒澤明監督の大作映画『天国と地獄』に出演。更に特撮ドラマ『マグマ大使』(1966年~1967年)に村上マモル少年役で主演するなど、愛らしい容貌と卓越した演技力で、宮脇康之登場以前の1960年代前半から中盤を代表する名子役として活躍した。

『マグマ大使』出演当時、自分の母親役の20代の女優・八代万智子(後にプレイガール出演)を相手に、江木はまだ中学生だったにもかかわらずいつも口説いていたというエピソードがある。また、1968年9月5日にCBSソニー(後のソニー・ミュージック)の第1回新譜としてフォーリーブスと共にレコードデビューした3歳上の演歌歌手「英 亜里はなぶさ あり」との10年来に渡る熱愛も、『週刊明星』(1969年1月、「江木俊夫と英亜里の秘められた10年」)にて発覚している。
その他、1972年には2歳年上のCMモデル・内田とも子と、1974年には前年の単発ドラマ『野菊の墓』で共演した岡崎友紀と、1978年には芦川よしみとの熱愛でもマスコミを賑わせたり、フランスの女性歌手のダニエル・ビダルが江木に真剣に想いを寄せていたことが報じられている。江木は29歳の時に一般の女性(成城大学卒、某企業の重役令嬢)と結婚。

子役として活躍していた1964年頃、出演していたテレビドラマ『エプロンおばさん』の稽古場の隣のスタジオを、初代ジャニーズが出演する『味の素 ホイホイ・ミュージック・スクール』が使用していた縁で、ジャニー喜多川から「You、かわいいねぇ~! 遊びに来なよ!」とスカウトされる。まだ劇団ひまわりに所属していたため、すぐにジャニーズ事務所に移籍はせず、1966年から本格的にジャニーズ事務所のレッスンに通うようになった。

1967年1月、「フォーリーブス」を結成。1968年9月5日に『オリビアの調べ』でレコードデビュー。
既に芸歴が長く、知名度も高かった江木はグループのMC役を務めた。フォーリーブスは一躍若い女性ファンの熱烈な支持を集め、1970年代を代表する人気男性アイドルグループとなった。1978年の解散まで、当時としては息の長いアイドルとして活動した。

江木は、幼年期は「劇団ひまわり」に所属する名子役として、少年期・青年期はトップアイドルグループ「フォーリーブス」のメンバーとして、芸能界の第一線で活躍した。

フォーリーブス解散後は、たまにディナーショーを行ったり、俳優業を中心として活動するが、役に恵まれず、1988年からはタレントプロデュースの側に回り、芸能プロダクション「オフィスキッド」を設立。武田久美子らをプロデュースした。

1999年5月11日、元マネージャーだった男性K(当時41歳)と共謀し、Kが経営していた六本木のスナック「Gluckグリュック」に知り合いの自営業の女性(当時34歳)を連れ込み、女性に覚醒剤入りのレモンサワーを飲ませたとして、警視庁麻布署に覚醒剤取締法違反で逮捕される。逮捕後には江木自身の尿からも覚醒剤反応が見られた。その後、大麻取締法違反でも逮捕となり、同年10月19日、2件を併せて懲役2年6月、執行猶予5年の判決を受ける。江木は公判にて、「女性が酔い潰れて眠そうだったので、目を覚まさせてあげようとして覚醒剤を混入した」と語った。また、弁護側証人としてフォーリーブス時代の盟友・青山孝が出廷し、「被害者女性との示談金(30万円)は、芸能事務所のバーニングプロダクションの社長に立て替えてもらった」との証言もしている。
年齢的にも状況的にも再起は困難かと思われたが、この青山の出廷がきっかけとなって、かつてのフォーリーブスのメンバー全員が集まる機会が多くなり、2002年のグループ再結成へと繋がった。

芸能活動の傍ら、宝石販売の会社「ティモア」を設立し、自ら宝石のデザインを行ったり、2009年からは、60~70年代ヒットパレード「同窓会コンサート」の司会も開始。

2010年、“平均年齢52.5歳の史上最高齢の新人アイドルユニット”として、「s4エスフォー」を結成。(2018年2月5日に「TASTE4ティーフォー」に改名)

2014年11月下旬、スリランカ中部の古都・キャンディを訪問し、障害のある児童の施設を慰問。ベッドやシーツを寄贈した。そして、観光局から「スリランカ観光親善大使」の称号を受けた。




歴代ソロ

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました