70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

青山孝

コメント

分類歴代ソロ

1951年8月10日生まれ、佐賀県佐賀郡高木瀬村(現・佐賀市高木瀬町)出身。
デビュー:1967.01
デビュー曲:幸福しあわせという二文字(アルバム)(1977.10.01)

あおやまたかし。「フォーリーブス」の元メンバー。愛称はター坊。2002年11月、表記を「青山孝史」に変更。2009年1月28日に肝臓癌で死去。57歳没。

[関連ソロ・ユニット]

中学3年生の時に「東京音楽学院」に合格。スクールメイツにも選抜。
1967年、ジャニーズ事務所に入所。その経緯について、「ジャニーズ事務所に一週間通い詰め、その熱意と根性を認められてジャニー喜多川より入所を認めてもらった」というストーリーが作られて世間に発表されたが、実際の経緯は、むしろジャニー喜多川の方から青山をスカウトしたというものであった。永田英二とメンバーチェンジし、1967年1月に「フォーリーブス」を結成。

1971年3月、アイドル現役当時に日本大学芸術学部音楽学科声楽コースを受験して話題となったが、惜しくも不合格。その後も芸能活動と受験勉強を両立しながら2浪を経て、1973年4月、3度目の受験で日本大学芸術学部演劇学科に入学した(後に中退)。

1972年の暮れに、ジャニーズ事務所の第ニ号女性タレントで3歳年上の嶋田じゅん(本名:島田純。1970年のミス・ユニバース日本代表のハーフ)との熱愛がマスコミに発覚。その後、『微笑』(1977年1月29日号)では青山が二股をしていたことも暴かれたが、嶋田と約7年の交際を経て、1977年8月26日にロサンゼルスの「ウェイフェア・チャペル(ガラスの教会)」で挙式。披露宴は同年9月11日に虎ノ門のホテルオークラ(後のホテルオークラ東京)で開かれ、その模様は当日フジテレビでも放送された(披露宴の司会者は徳光和夫、1996年離婚)。

1978年8月31日にフォーリーブスが解散。翌1979年には映画『わが青春のイレブン』の主題歌『季節の中の魚たち』をソロでリリースしたが、同年内にジャニーズ事務所を退所した。

2002年にフォーリーブスを再結成。
同年11月、表記を「青山孝史」に変更。

2003年8月、尿管結石を患う。
フォーリーブスの全国ツアーの最中であった2008年10月中旬に、肝臓癌であることが発覚。
2009年1月28日午前7時に死去。57歳没。




歴代ソロ

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました