70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

Sexy Family(Sexy 松(Show)、Sexy Boyz)

2014年5月5日、Sexy Zoneの全国ツアー『Sexy Zone Spring Tour Sexy Second』の横浜アリーナ公演で、Sexy Zoneの2つの弟分ユニットの結成が発表される。 一つは「Sexy 松 (Show)」(通称:セク松、セクショ)、もう一つは、大人数のJr.グループ「Sexy Boyz」から絞り込まれた少数精鋭、新生の「Sexy Boyz」(通称:セクボ)。2つのグループを合わせた際の通称は、ボ松、松ボ。
Sexy Zoneのメンバーだった松島聡とマリウス葉(ファンによる2人の通称:聡マリ)は、本体グループでの活動を一旦休止し、この2つの弟分ユニットにそれぞれ異動。
Sexy Zone、Sexy 松、Sexy Boyz、そこに女性ファン(Sexy Girls)を加え、まとめて「Sexy Family」と称することになった。

これは、1980年代後半にジャニー喜多川が実現できないまま終わっていたアイデア(光GENJI平家派、女性グループ「ホタル」による男女合同構想)を具現化したものだった。

その後、2015年3月11日に発売されたSexy Zoneのアルバム『Sexy Power3』では、Sexy Zone、Sexy Boyz、Sexy 松(Show)に加え、ジャニーズJr.の平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、ジェシー、増田良、半澤暁の6名が、「Sexy Family」としてクレジットされた。
2015年6月5日に結成されたジャニーズJr.の新グループ「Mr.King vs Mr.Prince」(通称:キンプリ)に、岩橋、神宮寺が加入。これに伴い、「Sexy Boyz」は事実上自然消滅。「Sexy 松(Show)」の方も連動して自然消滅。

2015年10月21日、ジャニーズ事務所の公式ホームページにて、Sexy Zoneの10thシングル『カラフル Eyes』の詳細が発表された際、プロフィール欄からも、「Sexy 松(Show)」、「Sexy Boyz」の名称が消滅した。これにより、松島とマリウスは本体グループ「Sexy Zone」へと戻った。

[Sexy 松(Show)メンバー]
松島聡(リーダー)、松倉海斗、松田元太(名前に「松」の字が付く3人となっている)

[Sexy Boyz メンバー]
マリウス葉 (リーダー)、岩橋玄樹、神宮寺勇太

[Sexy Family 追加メンバー(2015年 – )]
平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、ジェシー、増田良、半澤暁



ジャニーズJr.

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました