70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

大橋純子『サファリ・ナイト』

大橋純子『サファリ・ナイト』
発売日 1978.11.25
作詞 竜真知子
作曲 佐藤健
編曲 佐藤健

アイドル界がWヒロリンで盛りあがれば、NM界ではWジュンコということで、続いてご紹介するのは大橋純子「サファリ・ナイト」です(オリコン最高位20位・売上10.9万枚)。大ヒットした筒美京平作曲のとてもプロ仕事っぽい「たそがれマイ・ラブ」もいいですね。当時のBEST盤LPでも持っています。

作詞は竜真知子。まだこの頃は作家の垣根も、特に歌うたいの人の場合無かったですね。内容はアダルティ。今読むと♪男と女はさまよう悲しいけもの~、なんて結構刹那的。都会で繰り広げられるラブアフェアをサファリに置き換えた情景中心もの。このヒロインの恋愛が上手く行ってないのはわかるけど、あとは深く突っ込んではイケません。

作曲は佐藤健。この頃もアイドルに楽曲提供してました。で、大橋純子の旦那様ですよね?。マイナーでスピード感あるAメロ。8分音符で畳み掛けます。割と中音域を使っているのかパンチがあります。サビの頭の♪サファリ・ナイト~、って所はここにキメ言葉置いて下さい!と言わんばかりに主張してます。サビオチのCメロもモチベーションがあって最後までがっかりさせません。

アレンジも佐藤健。ブラス遣いも洒落ているし、ストリングスのオブリガートも効果的に多用。リズム隊がファンキーでハイハットの刻みはWAO!って踊りたくなるかも。ベースラインも弾ませて特にサビなんてリズム隊とあいまってグルーブの有る仕上がり。ギターもかなりフーチャーされているので、LIVEでも楽しめそうな感じです。

ボーカルはこれ又何を歌っても“大橋純子”という貫禄たっぷりの質感。良いノドでしょ、って見せつけてます。でも八神純子同様大人の余裕と言うか、色香が歌声に漂っていて良いムードを作り上げています。北島三郎音楽事務所のお化粧美人系で、曲によって当たり外れがありましたが、お子様には判らない素敵な大人のシンガーです。(from『NEW BEST』)

 heaven and earth

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました