70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

森口博子『あなたといた時間』

森口博子『あなたといた時間』
発売日 1995.09.21
作詞 西脇唯
作曲 西脇唯
編曲 水島康貴

最近ちょっと切ない曲にハマりたい気分なのでこの曲をご紹介します。森口博子の「あなたといた時間」です(オリコン最高位17位、売上10.3万枚)。

作詞・作曲は西脇唯。その昔オリコンで平松愛理と対談で、歌詞にフィクションを織り込む平松に対し“私は実体験がないと歌詞は書けない”という旨の発言をしていて、うっひょ~と思った事があります。この歌詞がそうして書かれた物か分かりませんが、別れの場面に直面している男女が描かれています。カフェで向き合う二人、その二人の関係があなたによって壊されようとしていている。どうしたらずっと一緒に居られるの?、と哀しみに暮れている私の切なさが溢れています。“あなたといた時間”、決して特別な物では有りませんがこういう時間軸ってしみじみしてしまいます。

メロディーはやっぱり♪あなたといた時間が ほんとに好きだった~、という頭サビに尽きるでしょう。歌詞同様さりげないけどグっと来るメロディーです。8ビートのそこそこUPテンポで全編マイナー。C-A-B-C-C”の構成。ラストのリフレインの前にDメロが出てきます。サビ前のBメロも洒落てます。随所に散りばめられた16分音符の畳み掛けも印象的。歌唱力に合わせてか所々音が飛びます。

アレンジは水島康貴。シンセのストリングスや派手なブラス系の音、バッキングのピコピコ感とかとてもデジタルな風合いがあるのですが、ベースになってるのはオーソドックスなポップス。ビートには重量感があって哀しく盛り上がるサビを引き立てています。

ボーカルはご存知のとおりの実力派。
かなりしなやかに歌いこなしています。語尾には聖子とは違うしゃくりあげがかなり掛けられていて、しかも泣きが入ってます。まさに絶唱って感じ。まるで涙流しながら歌っているかのよう。裏声の抜きもポイント高いです。バラドル展開後の歌手としてノリに乗っていた時の作品で、「もっとうまく好きと言えたなら」と同年リリース。ベスト10入りこそ逃しましたが、手堅いセールスを挙げました。いつ聴いても泣けます。(from『あなたといた時間』)

 heaven and earth
 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました