70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

兵藤まこ『風の中の少女』

兵藤まこ『風の中の少女』
発売日 1981.12.
作詞 安井かずみ
作曲 加藤和彦
編曲 清水信之・加藤和彦

年末は怒涛のアイドル物のリリースラッシュが繰り広げられますが、アイドル・ミラクルバイブルシリーズでSONYから2種類のオムニバスが12/1発売。

その中からまずは兵藤まこ『風の中の少女』をご紹介。
81年リリース。オリコンチャートインなし。噂では僕の中学の先輩だとか。

作詞は安井かずみ。もうシンメトリーがバリバリのお手軽系。超安い!。
風の中に佇む一人ぼっちの私、憧れの彼は未だ現れないかしら?ってな内容。“エリカの季節”というチョコのCMソングだったので多少ほろ苦い感じも。

作曲は旦那の加藤和彦。多少ミディアムテンポのマイナーチューン。
A-A’-B-C-Cの構成。どのパートも4小節のコンパクトな作り。
ブリッジからサビへの流れがとても素敵。後の高岡早紀にも通ずるロシア民謡風・哀愁歌謡で、特に跳ねた音符を使ったサビメロは郷愁を誘います。

アレンジは清水信之と加藤和彦の連名。この2人だと分担は判らないなぁ。
この曲の一番の売りはメロと編曲のハマり具合だと思うんだけど。
萩田光雄のお株を奪うオーケストレーションに、ブンチャ、ブンチャ刻むベースやリズム、そしてハープシコードやバラライカ(?)な弦物。
その上にデジタルな風合いが上品に程よくブレンドされてます。
この手のサウンドを生理的に好む人にはたまらんでしょう。

唄は特別上手くは無いけれど、手堅い安定感があります。
微妙に幼稚な声質で、丁寧に唄っている体。その分アクには欠けるけど、色白&ロングのストレートヘアで深窓の令嬢なルックスには似合ってるかも。
決定的な落ち度は無いけど、時代的にSONYは聖子なんで…ご愁傷様。
ちなみにブックレット中にこのシングルのジャケ写カットが使われています。(2004.12.04)

 heaven and earth
 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました