70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

ばらあず(ばらあず)ディスコグラフィ

なあ、おかあちゃん
コメント
1968年4月に結成したURC(アングラ・レコード・クラブ)唯一の女性フォーク・グループ。
都留つるいづみ、勝見美佐子・寿子姉妹による京都の3人組。
きれいなハーモニーで人気があり、結成間もない1968年6月に高石友也のコンサートでステージ・デビューし、10月にフォーク・クルセダーズの解散コンサートに出演、1969年3月、ラジオ京都(KBS京都)主催のフォーク・コンテストで優勝、1970年にはマルビナ・レイノルズ(Malvina Reynolds:アメリカの女性フォーク・ブルースのシンガーソングライター)の日本ツアーに参加など、一連の関西のフォーク・キャンプ・イベントで活躍。1970年8月、第2回中津川フォークジャンボリー、サブステージを最後に解散。

別表記:バラーズ、薔薇図、BARAAZU、ばらあず。
年齢、学校、学科、性格すべてバラバラのバラーズ。容姿はさておき、心は薔薇のように美しいバラーズ。時にはその美しさの中に、薔薇の刺をもち、夜の悪と敢然と戦うバラーズ。

バラーズ組合員
  • 都留いづみ(福中いづみ、おつるさん)
    1948年3月生まれ。ヴォーカル、ギター。同志社大学英文科。解散後は管理医師、麻酔医。
  • 勝美寿子(岡本寿子、ひいちゃん)
    ヴォーカル、ギター。京都教育大学特殊教育科卒。姉。解散後は奈良在住のシンガーソング ライター。
  • 勝美美佐子(平岩美佐子、みいちゃん)
    ヴォーカル。京都光華女子大学日本文学科。妹。

1990年頃より「バラーズ」として活動を再開。

シングル

  • 「なあ、おかあちゃん」URC EP:URS-0013 69.10.

    ※「なあ、おかあちゃん」は足の不自由な人に対し、認識不足のためにいつの間にか偏見、先入観をもってしまってはいないか、健常児と区別される方がずっと辛いという内容。「この広い海に」は数少ないLove songの1つで失恋の歌しかできないバラーズ妹の勝美美佐子作品。録音日:1969.08.27

    なあ、おかあちゃん 勝見寿子/都留いづみ

    この広い海に 勝見美佐子/勝見美佐子

  • 「哀しみを束ねて」自主制作CD 97..

    ※以降、「バラーズ」名義。Renは勝美寿子(岡本寿子)のペンネーム。

    哀しみを束ねて Ren/福中いづみ

    季節の中で Ren/Ren

    風の子守歌 岡本寿子/平岩美佐子

  • 「風の吹くまま」自主制作CD 01..

    風の吹くまま

  • 「想い溢れて」自主制作CD 08.10.04

    想い溢れて




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました