あすか組『悲しげだね』

あすか組
発売日 1988.09.01
作詞 許瑛子
作曲 後藤次利
編曲 後藤次利

今回はTVドラマ「花のあすか組」主題歌、あすか組「悲しげだね」をご紹介します(オリコン最高位12位、売上5.2万枚)
作詞は許瑛子。中森明菜「SAND BEIGE~砂漠へ~」や守谷香「悲しいのはこまるの」(←知らん!)などを提供しています。また、作・編曲のゴッキーとのコンビで小高恵美のシングルも手掛けています。

歌詞の内容は好きなあなたと一緒にいたいという物ですが、この“あなた”というのは異性同性どちらでも当てはまり、友情・恋愛両方解釈できる、ドラマのテーマに合わせた上手い作りになっています。情景描写もわかり易い言葉遣いでまさにティーン向けの作りです。

作・編曲は後藤次利。ちょっと間延びしてるかなと思わせるロシア民謡風頭サビ。日本の風土に合った切ない感じで、結構キャッチーでグルグル系です。ところがAメロでは無理矢理なメジャーへ展開。間奏からしてメジャーへ持っていこうといっぱいいっぱいです。何がそうさせたのか?Bメロではマイナー交じりでほっと一安心。色気のある好きなメロディーです。そして頭サビへと続きます。

アレンジはゴッキーの集大成といった風。うしろ髪ひかれ隊に一番近く、ビートには重量感があり、ベースラインや細やかなシンセの使い方がお洒落で耳を澄ましたくなります。なんたって派手なのがGoodです。ちょっと曲が長いのがかったるいけど。

ボーカルは囁き系棒歌の石田ひかり、口に閉まりのない甘ったる系小沢なつき、素直だけど線の細い小高恵美と、歌の軸に欠けるのが痛いです。
風間三姉妹に比べたら節回しにアクが無い分コンビネーションは良いと思いますが、パンチがないだけに3人で一人前といったところ。またこの手の企画物にありがちなユニゾン&ソロパートで構成され、トリオの有り難味が無いのが残念!なんだかんだ言って3人とも芸能界に残っていますが、主役を張った小高恵美が一番影が薄いみたいです。

NHK朝ドラ主役石田ひかり・引退ヘアドル復活の小沢なつきと人生いろいろ、誰が想像できたでしょうか。(『MEMORIAL POP SHOP』通販オムニバス、他)

 heaven and earth

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました