中島めぐみ『ラメ色のデカメロン』

中島めぐみ
発売日 1981.06.21
作詞 阿久悠
作曲 小笠原寛
編曲 小笠原寛

やっと出た~!。オムニバスでめでたくCD化された中島みぐみのデビュー曲「ラメ色のデカメロン」をご紹介します(オリコン最高68位、売上2.2万枚)。唯一のチャートイン作品です。

作詞は阿久悠。デビューからずっと手掛けています。割と手馴れた風のシンメトリー系でかなり気分入ってます。で、お色気たっぷり。ちょっと芝居をしている所を思い出せないのですが、そういうキャラでしたっけ?。“デカメロン”も実際どういうエロ話か知らないし。♪夜の八時なら朝よ~靴の百足も並べ、ってくだりが面白いですね。深い意味どうこう勘繰るより、歌う姿を楽しむみましょう。

作曲は小笠原寛。セカンドシングルも書いているこの人、すぐ思い付くのは多岐川裕美「酸っぱい経験」。女優さん御用達か。元々劇伴の人なのでしょうか?。サビのリフを活かしたスローな導入から始まる、ラテン歌謡な16ビート。マイナーなメロですが軽快に展開して行くのでベタな暗さは無いです。C”-A-A”-B-C-A-A”-B-C-Cの構成。IV度進行のサビはお手軽な歌詞にぴったりマッチしてます。

アレンジも小笠原寛本人。ラテン系のリズム隊がノリノリに刻まれてうきうきしてきます。ストリングスもゴージャスに決まっているし、全編に渡りブラスがうねりまくります。コーラスも上品。これって元ネタあるんですかね。ラテン歌謡はこうあるべき!って感じ。木目細かく行き届いてます。エンディングの最後がちょっぴり「スプリングサンバ」。萩田光雄といい勝負出来ます。

ボーカルは吐き捨て系。頑張ってアバズレてます。サビからは実際の声に近いです。本当はそこそこ上手に歌える人だと思います。ジャケ写も2nd.迄濃い目の化粧で小悪魔系でしたが、3rd.「あなたにBETTERぼれ」オールディーズな可愛い子ちゃん路線に転換。

林紀恵が上手になったような歌声を披露してます。結局この人は最後はどうなったのでしょうか?。古手川祐子フォロワーな姉・中島はるみ、同様良く知らない美人女優姉妹です。(from『Myこれ!クション カタログVol.1』オムニバス)

 heaven and earth

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました