70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

BOMB presents『永遠の’80お宝アイドル大集合!』

BOMB presents『永遠の’80お宝アイドル大集合!』
発売日 2002.12.04

2枚組みのオムニバスとなると中々手が出なくて。ポイント交換でないと…。
僕はDisc1があればいいんですけどね。

僕が聴きたかったのはまず『ちょっと春風』沢田富美子。ナベプロ+SONYで何故売れぬ…。オリコンにすらチャートインしないとは。声も図太さこそないけどメルティ(?)な感じで♪なぁぁ~がい髪に、とフックもあって。

大村雅朗のモロ聖子サウンドのアレンジも完璧。三浦+小田の楽曲もデビューに相応しい華やかさだし。ルックスだって聖子より全然可愛いし。やはり時代がイケなかったのか?。でも聖子が歌ったらもっと際立ったんだろうね。

もう1曲は佐東由梨の『どうして?!』。
これまたフリークにはたまらない歌手で。僕はアナログ持ってなかったんでちゃんとヘッドホンで聴くのが初めてでした。で、感想はというと、“歌が弱いなぁ~”って感じ。もっと上手いと思ってました。低音が出てないし(これはディレクションが悪いと思う)、なんか口に締まりがない発声がいまいちしっくり来ません。
でもハスキーな声質は魅力的かも。楽曲は松本+筒美のプロっぽい仕上がり。

アレンジは大村。3連シャッフルにソウルフルなコーラスとの掛け合いはモロ河合奈保子の「エスカレーション」。もうこのわくわくする時代感が懐かしいです。この手の曲も最近少なくないですか?。

既に取り上げましたが対照的なテクノ歌謡『ねらわれた少女』『不安タジーナイト』なんかも好き。蛇足ですが川田あつ子『秘密のオルゴール』も初めて聴きましたが、武田久美子以上のボーカルに大ショックを受けました(笑)。

 heaven and earth
 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました