70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

森尾由美『天気予報はI Luv U』

森尾由美『天気予報はI Luv U』
発売日 1983.10.05
作詞 槙村侑・直木礼亜
作曲 佐久間正英
編曲 佐久間正英

今回もついでにキャニオン物を行ってしまえ、ってことで何故か中古CDが高値の森尾由美の3rd.シングル「天気予報はI Luv U」をご紹介します(オリコン最高位54位、売上1.8万枚)
小林麻美のカバー「初恋のメロディー」のアナログレコードは持ってます。筒美京平作も「ASIAチックDoll」もなかなか良いですね。

作詞は槙村侑&直木礼亜。デビュー曲の「お・ね・が・い」は槙村侑の作詞・作曲です。キリン気分で(勿論首を長くしての意)待ちわびた彼とのデート。もうウキウキしてどうしょもなくて、たとえ雨が降ってもかまわないわ~、てな内容。♪天気予報は恋予報、ってキメ言葉がイマイチ弱い気もしますが、メロディーと合わせればこんなものでしょうか。

作・編曲は今や名プロデューサーの佐久間正英。みんなこういう仕事してるんですね。A-A”-B-B”-サビの構成。メジャーベースですが、サビ直前から展開するマイナー部分が素敵です。確かにサビがちと地味な気もしますが、全体的に森尾由美のキャピキャピした雰囲気を体現してます。

アレンジはアイドル・ジャングルとでも言いますか。モータウン風でもあり、ボコボコとハネ続けるリズム隊を聴いているだけでワクワクしてきます。完全にデジタルな世界でちょっと軽薄な感じはよせなべトリオ「大きな恋の物語」やソフトクリームあたりと通じていると思います。コーラスがちょっと歌謡曲過ぎてベタなのを除けば、メロ同様弾けた仕上がり。

ボーカルは…まぁかなり味の部類でしょう。技術がどうの言うよりかは、お喋りがそのまま歌になった感じ。いちいち気にしてちゃいけないグラビア系ボーカル。由美ちゃんが歌う姿を楽しむべきです。馴れてしまえば麻薬みたいなもんだし。リズム感は良さそうですね。2曲目「ごめんなさい、愛してる」から2ヵ月でリリースされた賞レース用勝負曲?でしたがコケました。

その後アニメの吹き替えをやった時はどーなる事かと思いましたが(棒台詞だったし:陽あたり良好)、見た目も老けないし、その後は上手くはなまるタレントとして活躍しております。(『スーパーベスト』森尾由美、他)

 heaven and earth

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました