70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

劇場版「仮面ライダーV3対デストロン怪人」

公開日:1973.07.18
登場怪人:ジシャクイノシシ、ピッケルシャーク、タイホウバッファロー、ドクバリグモ、ギロチンザウルス、再生怪人軍団
脚本:伊上勝 監督:山田稔

いつものテレビのオープニングと同じく、爆発の中をハリケーンを自分の手足のように自在に操り疾走するV3。「仮面ライダー」という宮内さんの声が入った所でV3がアップになったので「おお、映画やからちょっとは力入ってるんかな」と思ったら、次の瞬間…「ブイスリー!!」のシャウトで画面一杯に広がったのは、両脇にダブル・ライダーまで揃った3人ライダーのバイク・ジャンプシーン。
映画館に集まった子供達の大歓声で劇場版映画「仮面ライダーV3対デストロン怪人」の幕は開きました。

高知から東京に向うフェリー、さんふらわあ号に原子物理学の権威沖田博士が乗っています。彼は四国山脈の奥地で原子爆弾の原料に使うウラニウムの数百倍の放射能を持つサタンニウムという物質を発見していました。

これを悪用される事を恐れ、この事を発表しないと決心した沖田博士にデストロンの魔の手が迫ります。ドクトルGの声の脅しに怯え、サタンニウムを海へ捨てようとした沖田博士を襲ったのは、全身黒づくめの衣装に身を包んだ中村文弥さん。こうして沖田博士はデストロンの手中に落ちてしまったのです。

世界的に有名な原子物理学者沖田博士の行方不明事件に疑念を持つ風見志郎と立花のおやっさんは、沖田の上着が発見されたという情報を得て勝浦沖に出掛けます。果たして、無数の無人島のうちの一つにデストロン戦闘員の姿を見つけた志郎は海に潜って基地を目指しました。

一方デストロンのアジトでは、ドクトルGがサタンニウムの人体実験を行っている所でした。サタンニウムを近づけられた人間は、たちまち全身から泡を噴き出して骨だけになってしまいました。恐ろしい威力です。

ご満悦のドクトルGに、戦闘員がアジトに侵入者ありと報告を行いました。モニターにしっかり映った志郎の姿を見て、囚人を全員始末してアジトを爆破する指令をドクトルGは発します。(沖田博士はどうする?)

戦闘員を調子よくなぎ倒していく志郎の前に、再生されたジシャクイノシシとピッケルシャークが立ちふさがり、沖田博士救出作戦を妨害しようとしますが、変身したV3の敵ではありませんでした。戦闘員に連れ去られようとしている沖田博士を救い出したところで、アジトは大爆発を起こすものの、危機一髪で2人は脱出に成功します。

ようやく浜に上陸し、ほっとしたのも束の間、3人の周りに猛烈な爆撃が起こります。新怪人タイホウバッファローの攻撃により、沖田博士は妹と弟の写真を志郎に託して死んでしまったのです。

怒りに燃えてタイホウバッファローに突っ込んで行く志郎でしたが、激しい爆撃の中、行方不明となってしまいます。

純子とシゲルを伴って四国に乗り込んだおやっさんは、沖田博士の妹ヒロコがダンサーとして働くホテル奥道後まで向かいますが、そのバスの中にフェリーで沖田博士を拉致した全身黒づくめの男が乗っています。

ホテルで行われている歌謡ショーの真っ最中に、大胆にも姿を表したドクバリグモがヒロコを連れ去ろうとし、おやっさんも抵抗しますが二人は追い詰められてしまいました。と、ここで高らかに響き渡るヒーロー笑い。

勿論、志郎の登場です。
ヒロコを連れて、ホテルの外に脱出するものの、もう一人の強力怪人ギロチンザウルスに行く手を阻まれてしまい、追いついてきたドクバリグモとの挟み撃ちにあってしまう風見志郎。
遂に追い詰められてしまったかに見えたが、おやっさんの機転によりヒロコを無事逃がした後、お待ちかね、志郎の大逆襲が始まります。

V3に変身する(この時の変身ポーズが、下から煽り気味に後ろの豪華な金ピカの城を入れたバストアップの構図でGood!X劇場版の時にバンクフィルムで使用されただけというのが勿体無い出来です)や、またたく間にギロチンザウルスを得意の反転キックで撃破します。(この時の爆発によって起こった水柱の高さには目を見張らされる程です)

無事救い出したヒロコに案内されて、サタンニウムの鉱脈の在りかを示した地図を取りに高知城に出向く志郎一行は、途中でヒロコの弟マサオに出会います。彼は少年ライダー隊四国支部の隊員であります。

志郎を見張りとして残し、地図を隠してある天守閣へ向ったおやっさん達が地図を手にした瞬間、例の黒づくめの男が横合いから踊り出て地図をまんまと奪ってしまいました。地図を取り返そうとしたマサオを人質に取った男は、その正体であるドクバリグモの姿を曝し、天守閣の上から飛び降りて逃走に掛かりました。

ドクバリグモの前にV3が登場し、マサオを救い出したものの、「地図さえあれば、こっちのものだ」との捨て台詞を残したドクバリグモを逃がしてしまったV3は、ホッパーを使って後を追います。(この時、ハリケーンで石段を駆け下る姿にシーンに館内はまたも沸きます)

工場地にドクバリグモの乗った車を追い詰めたと思ったものの、それはドクトルGの罠でした。待ち受けたタイホウバッファローの凄まじい砲撃を受け、V3は姿を消してしまいます。

愉快な泣き声を上げるタイホウバッファローとドクバリグモを従え、打倒V3と四国占領作戦の成功を宣言するドクトルGの前に姿を現したのは・・・・オーストラリアから帰還したライダー1号・2号の勇姿でした!

そして、タイホウバッファローに倒されたと思われたV3も出現し、久々の3人ライダー揃い踏みが実現しました。
しかし、不敵な笑みを浮かべたドクトルGは「丁度いい。仮面ラ~イダ3人をまとめて片付けてやる!」というや否や、再生怪人軍団を呼び寄せ(ジシャクイノシシ・スプレーネズミ・ピッケルシャーク・ミサイルヤモリ・ドリルモグラ・クサリガマテントウ・バーナーコウモリ・レンズアリ・ガマボイラーの9体)、ここに3人ライダー対デストロン怪人軍団との大乱戦が始まりました。

何とかV3反転キックに耐えたドクバリグモを、タイホウバッファローの砲弾が粉微塵にするに及んで、焦ったドクトルGは一斉射撃を行えという命令を下す。今撃つと味方にも当たってしまう、と躊躇するタイホウバッファローに、「かまわん、撃て!味方がやられても仮面ラ~イダを倒せばいいのだ!」と再度命令されたタイホウバッファローの一斉射撃により、辺りは爆煙で何も見えなくなります。

ライダーを倒したと思い、快心の笑みを浮かべるドクトルGの表情が、一瞬の内に驚愕へと変わりました。爆煙が晴れた後にすっくと立つ3つの人影は、1号・2号・V3の3人ライダーの勇姿だけでした。

一斉射撃で全弾を撃ち尽くしたタイホウバッファローがライダー達との自爆を狙うが、久々に見せる1号・2号の合体技、ライダーダブルキックと続いて放たれたV3キックの合わせ技に、さしもの強力怪人も恨みの絶叫を残して爆発して散ったのでした。

ここにドクトルGの四国占領作戦は完全に失敗し、1号・2号は再びオーストラリアへ旅立ち、V3風見志郎は新たな戦いに向けて、束の間のやすらぎの時をさんふらわあ号上で過ごすのでした。

放映リストに戻る

タイトルとURLをコピーしました